むっくママの再出発
2017 / 04 / 22 ( Sat )



「昨晩、新しいわんこが来た」という知らせをむっくママからもらい、今日会いに行ってきました

名前はスカイ。ママさんが命名しました。廃業した繁殖所出身の、2歳半の男の子です。

ご存知のように、ママさんは昨年10月に5年一緒に暮らしたむっくを看取り、むっくとの約束だから・・と、1月にチャーリーを迎えました。
でも、チャーリーは脚の手術の直後、むっくくんのもとに旅立ってしまいました。ママのお家で一緒にいられたのは、わずか2週間でした。

ママの気持ちがなかなか整理がつかなかったのは当然です。
少し時間が経ってから、気を紛らわすために、ネットで、ブリーダーや保護団体のホームページ、「いつ里」「ペットのおうち」を眺めて過ごしていたそうです。

ようやく次の子を迎える気持ちになったのは、今いるさくらちゃんとすみれちゃんがどちらも10歳を過ぎているから、もし二人が時をほぼ同じくして旅立った時のことを考えたからだそうです。

それで、今度は長く一緒に居られそうな子をもらう決心をしました。できればスピッツかシェルティで、大きくない男の子。
現在シェルレスにはママの希望に添う子はいませんでした。
だから、スカイは他の団体が預かっていたわんこです。どこの団体が預かろうとも、わんこには責任のないことです。

でもボビン母は、代表に一応むっくママの意向をお伝えしたところ、「むっくママには苦労ばかりかけさせられません。繁殖所の犬は悲惨だから、早く出してあげてください」というお返事をもらっていました。

スカイの繁殖所は頭数が多過ぎて一度には出せず、里親希望のあった子から団体さんが連れ出していたので、その時はまだ、スカイは繁殖所の中だったのです。

今日会ったスカイは、いかにも繁殖所出身らしいビビリだったけど、若いからすぐに普通の生活に慣れるでしょう。
ママさんがスカイを迎えたことで、スカイが幸せになるのはもちろん、スカイがママを幸せにしてくれるはずです。
むっくママの再出発に拍手してくださいね
スポンサーサイト
23 : 38 : 11 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
モコがきっかけで考えました
2017 / 04 / 18 ( Tue )




まず、モコの変貌ぶりをご覧ください
4月16日のブログ写真。ハムスター?いえ、カピバラです
激ヤセで痛々しかったから、洋服は必須アイテムでした
鼻の毛も生えて、仔犬のような可愛さがあります
今のモコ。毛量が多いので、手入れを怠るとトンデモない状態になるから、マルガリータになったのも頷けます

モコは昨年の4月9日に九州の廃業犬舎からレスキューされ、福岡のみみ蔵さんのお宅でショートステイ中でした
直後に同じ犬舎からレスキューされたりぼんは、熊本のお宅でショートステイ中でした

そこに起きたのが14日の熊本地震です。
一刻も早く引き取る決断をした代表のおかげで、りぼんと一緒にモコも、15日の最終便で飛んできました
さらに大きな揺れがあったのは、日付が変わった16日の未明です。
到着が夜遅かったから、モコは代表宅に一泊し、翌朝ボビン母が迎えに行った次第です

こちらに来たのが絶妙のタイミングでしたが、今考えると、廃業犬舎からのレスキューが地震の前で本当によかったと、改めて思いました。

地震で混乱した廃業犬舎では、お世話するどころか、一斉に逃げ出すことも考えられます
当然ですが繁殖所の犬は、去勢避妊はしていません。ということは、野犬となって保健所に収容される仔犬を増やすことになったかもしれないのです。

家庭犬(猫)は平常時には管理できていても、人の日常生活が保たれない事態になって、逃げ出して迷子犬(猫)となった時のことを考えると、やはり不幸な犬を増やさないために、不妊手術は必要でしょう。
そのために、保護団体では譲渡する場合、例外はあるものの、不妊手術は必須条件にしています。

ところが、有名な団体がこの約束を守っていません。たくさんの命は救われているものの、実情を知らないマスコミが好意的にとりあげている団体なだけに、保護団体が質問状を出し、シェルティレスキューを含む多くの団体や個人が、その意見に賛同しています。

ピースワンコ問題
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj
ピースワンコ回答
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/answer

お時間のある時にじっくり読んでいただき、一緒に考えていただければ・・と、モコのことをきっかけにお伝えさせていただきました

13 : 58 : 10 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
おうちショップにお邪魔しました
2017 / 04 / 16 ( Sun )





テクさん主催の「ワンデーおうちショップ わんこだけに・・」へお邪魔しました。
テクさんやお友達のママさん達が、幸せでない動物達のために手作り品を販売し、その売上の6割を保護団体に寄付してくださるという趣旨のものです。

9時半オープンでしたが、ボビン母が着いたのが10時半過ぎ。配布物にNo.21ってあったから、ボビン母の前にお客様が20人いたのでしょうね。

セーラママさんが預かりをしていたメルちゃんに会いました。メルちゃんのお兄さんシェルの名前が、モコ
メルモコさんは先に帰ったので、メルちゃんの写真だけですがご覧ください

ショップは12時に閉店し、私たちは2階でお昼ご飯をご馳走になりました。テクさんとご主人の合作のカレーライスは、お肉ゴロゴロで激ウマでした

わんこ達はデッキでオヤツ祭
お名前ちゃんと覚えてたけど割愛させていただきます。
テクさんや他の皆様のブログでご覧ください

今日手に入れた素敵な品を紹介します。
背景に広げているのチェック柄は、カフェマットですよ。前から欲しかったシェルのフック、テクさんのブログを見て目を付けていたバニティバッグがゲットできました

一番下のモコロン写真は、テクさんからいただきました
背景がよいから、本当に「絵になる~」

そうそう、モコは去年の今日ボビン家にやって来ました
熊本地震から一年経ったけど、水道管が復旧していないところもあるそうです。一日も早く以前の生活に戻れますように

モコの話は、また明日にでも改めてさせてください
今日は楽しく過ごさせていただきました
23 : 13 : 11 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
朝から迷い犬
2017 / 04 / 13 ( Thu )



今朝の散歩、お掃除のおばさんに会う桜の綺麗な公園で、向こうから鎖を引きずった柴犬が現れました
飼い主の姿は見えません。なまじ鎖を引きずっていると、車に轢かれ易いし、踏切の傍だから線路に引っかかったりしたら大変です

モコロンのリードを、柴犬から離れた桜の木の柵に引っかけてから、柴犬に近づき、鎖を拾い上げました。鎖をひきちぎって逃げ出したようですが、柵の針金になんとか繋ぐことができました

モコロンを家に連れて帰ってから戻ってくるつもりでしたが、数ヶ月前に、モコロンが追いかけられた、脱走犬を思い出し、公園の近くのお宅に確かめに行ったところ、大当り

捜している最中だったから、感謝されたけど、犬の力を考えると、この鎖では細すぎです。知っている方だったから、鎖のことは意見させてもらいました。
今度会った時には、首輪に名札か、鑑札をつけるように話そうと思います。

「うちの犬だってよくわかりましたね」って言われたから、「前科があるから、もしやと思って」と笑いながら答えました
柴犬って、狐タイプか狸タイプの違いはあるけれど、余程特徴がなければ、シェルティ程個々の違いがわからないんですよね
だから以前には、凛ちゃんと間違えて、小凛を保護することになっちゃった訳で・・

今日モコロンは、ショコラさんでシャンプーとトリミングをしてもらいました
ロンは手術が入ったこともあって、モコより洗ってもらってなかったから、ずいぶんスッキリしたでしょう
付けてもらったリボンが素敵だったから、みなさんに披露させてもらいました
22 : 51 : 16 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
モコチ頑張りました
2017 / 04 / 09 ( Sun )




朝散歩で、モコロンを可愛がってくれる、お掃除のおばさんに会う公園の桜が見事です
この桜を見て、やっぱり土手の対岸に行くことにしました

このところ空模様がすっきりしないのと、土手の対岸に行くにはモコの歩きが心配で、躊躇していました
だって橋を渡って、次の橋を回って帰ってくると、ロンでも1時間以上かかります。
スローペースで、すぐに休憩したがるモコには無理かなぁ・・。でも桜もそろそろ終わるから、やっぱり行こう

写真撮れなかったけど、橋の上で若い家族連れとすれ違った時、目を疑いました
なんと連れていたのは、犬でなくポニーです
この辺で馬を飼っている人がいるなんて・・。ビックリして、写真撮らせてもらえばよかったと、気づいた時はもう離れてしまっていました

さて、橋を渡って土手に出るまでは少し歩きます
土手に出てすぐの桜の下で記念写真
モコの好きな砂利道を、対岸の桜並木を見ながら歩いて行くと、菜の花が咲いていました。

桜並木側は住宅街なので、この時期は桜を眺めながら歩く人で混雑しているけど、こちらは川と並行に走るバイパスまでの間はたんぼだから、空が広くて気持ちも伸び伸びします

モコは初めての道なのに、珍しく趣味の匂い嗅ぎもせず、歩きも快調で橋に到着しました
橋を渡ってからは舗道を歩きます。坂を下りて、上りきったらボビン家まではあと少しです
かかった時間は1時間40分でした

散歩大好きなロンには、どうってことない距離だったけど、モコチはよく頑張りました
21 : 34 : 10 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>