モコ12歳
2018 / 06 / 10 ( Sun )


6月10日、モコは12歳になりました
ロンより年寄りに見られるけれど、1か月ちょっとだけ年下です

この数日、ロンに気を取られて、モコのお誕生日を忘れるところでした。というか、思い出したのが、夕方だった
モコチ、ごめんなさい

ロンが誕生日に食べなかったケーキを冷凍していたから、今年はこれで我慢してもらいます
食べ物には好き嫌いないし、消化器官が丈夫だから、食いしん坊大好きなボビン母は助かっています
モコチには必ず13歳のお誕生日があるから、来年のお誕生日には、モコチのためにケーキを用意してあげるから、今年はこれで我慢してね

普段は動きが鈍いのに、食べ物を前にすると、じっとしてはいられないから、写真が上手くとれませんでした
でも、そんなところも可愛いモコです

実は、今日またロンが熱を出しています。それに気づいたのが夜7時過ぎ。39.8゚Cもあって、またアポロに電話しました
院長から折り返し電話をもらいましたが、熱が高い割には、先日よりは元気なので、明日朝に診てもらうことにしました。
あまり度々だと、もっと緊急の時にお願いしにくくなります。
いざとなったら、所沢のセンターが夜間外来を受け付けているから、そちらに行くつもり。
今晩はこのまま悪化しなければいいのだけど・・。

そんな訳で、モコチごめんね
関節炎と上手く付き合いながら、余生をゆっくりボビン家で過ごして欲しい・・ボビン母の切なる願いです
スポンサーサイト
22 : 45 : 06 | モコ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
一難去ってまた一難
2018 / 04 / 23 ( Mon )

土曜日、ボビン姉さんがカエルさんを連れて泊まりに来ました
モコを好きなカエルさんは、抱きかかえているうちはよかったのですが、木馬と同じに思ったのか、伏せているモコに跨がって「お馬さんパカパカ」を始めた時は、流石に止めました
ロンはスルリとかわして逃げるけど、動きの鈍いモコ。持ち上げようとしても立ち上がらないモコに、すっかり腹を立てていました

そのモコの話です。
今日の夕方、先日もらい忘れたロンの薬を受け取りに、散歩がてら病院に行く予定でした。
モコにハーネスをつけようとした時、後ろ右足に力が入らないことに気づきました。とりあえず門を出て数㍍歩かせてみましたが、病院まで歩くのは無理と判断し、モコロンのリードをお隣りのフェンスに引っかけて、ボビン母だけカートを取りに戻りました
こんなことになると思っていなかったから、車をガソリンスタンドに預けてきちやったんです

病院でレントゲンを撮り、さらにエコー検査しているから、不安になってボビン母は尋ねました。「まさか骨肉腫とかじゃないですよね?」

どうやら、人間でいう「膝に水が溜まった」状態のようです。骨もトゲトゲしているから、何かのはずみで神経に当たったのかもしれない、とのことでした。膝に水が溜まるのも、骨がトゲトゲしているのも、人間と同じ老化現象です
今、肺炎の薬を飲んでいるから、今日は鎮痛剤もなく様子を見ることになりました。すぐに戻るかもしれないから、必要なのは安静だそうです。

「モコは安静は得意だもんね」by院長
23 : 03 : 11 | モコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カピバラが来た日
2018 / 04 / 16 ( Mon )




この写真を覚えてくださっていますか?
インパクト大だったようで、ボビン母は気に入っています

2年前の今日、モコはボビン家にやってきました
九州の繁殖所にいたモコは、オーナーが病気になりお世話ができず、シェルレスが交渉してレスキューされました。
繁殖所にいた時の写真です
時効だから公表してもよいかしら?お世話ができないから、フードもたまにしか与えられず、糞は放置されたままです。それでも自由に動けたから、積み重ねたケージに閉じ込めたままの繁殖所よりは、ずっとマシだと思っています

モコは福岡で、一緒にレスキューされたりぼんは熊本で、1週間後にこちらに来るまで預かってもらうことになっていました
そこに14日の熊本地震が発生です
代表はりぼんを早く受け取る決断をして、15日の最終便で、モコも一緒に飛んできました
16日になってすぐ、さらに大きな本震が起きたのだから、代表の決断は正しかった

代表のお宅で一晩過ごしたモコ。待ち合わせた公園で見た時「かわいい~」と言ったけど、小さくてマルガリータだから、とてもシェルティには見えませんでした
服を着せていないと、背骨も肋骨も数えられた、当初は8.5㌔。尻尾まで刈ったから、まるでネズミの尻尾。鼻筋の毛も無くてテラテラしていたから、カピバラみたいでした

それから2年。
小さくみえたけど、実際はちっとも小さくありません。ひもじい思いを経験しているから、食べるものには不自由させないようにしたら、12.8㌔になっちゃったけど、「モコはいいよねぇ、幸せ太りだ」って、いつもアポロの院長に言われます

一番下の写真は、今日のモコロン。珍しく至近距離で向かい合って、キャベツの芯を食べています

地震の話題で、熊本城の修復工事の様子が伝えられていました。熊本城と共に、一刻も早く、被災された方の生活が立て直せることを願っています
22 : 37 : 14 | モコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
左足親指のデキモノ
2017 / 11 / 04 ( Sat )



ちょっと前の話で恐縮です
2日の木曜、モコの足のデキモノを診てもらいに、病院に行きました。
左前足、人間だと親指にあたる爪のすぐ上で、直径7㍉程。普段は毛に隠れて見えません。
これを見つけたのが、なんとボビン父さんだったから驚き

中の液を少し抜いて顕微鏡で調べたけれど、細胞は見当たりませんでした。悪い性質のものではなさそうです。
脂肪ではなく、膿のようでもあるけれど、今のところ判別できない・・ということで、少し様子を見ることになりました。

実は10月27日にはフィラリアの薬をもらうついでに、診察してもらっています。
モコの場合は乳腺腫瘍が気になるので、チェックしてもらい無事を確認したのですが、先生もボビン母も、足のことは全く気づきませんでした

その時のロンの体重は13.05㌔、モコは12.9㌔。ロンはほぼ安定しています。2か月前、モコがロンを超えた時、先生は減らさなくて良いと言ってくれたけど、やっぱりマズイ・・ので、今の体重を維持できるようにがんばります

モコの足の話ついでに、ボビン母の足の裏の話。
2か月程前から、左足親指の付け根(なんと、モコとほぼ同じ)に魚の目ができていて、市販の薬で自力で治そうとしていました。今迄はそれで治ったのですが、今回は手強い
2か月も庇って歩いたせいか、整形外科的に問題が生じ始めたため、医者嫌いなボビン母も、皮膚科に行ってきました。こじらせたからすぐに処置できず、来週には焼くなり、削るなりして、普通に歩けるようにしてもらいます。
たかが魚の目、されど魚の目。ちょっと身に染みました

モコも来週後半に、また診てもらいに行きます
病院の外で仲良く並んだモコロン。中に入る時に先を争うくらいだから、動物病院に行くのは苦になりません
22 : 38 : 06 | モコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
モコも11歳
2017 / 06 / 10 ( Sat )




2006年6月10日生まれのモコは、今日で11歳になりました

去年の4月、ボビン母は里親さまを探すつもりで、モコを預かりました。
健康管理上、正式な生年月日がわかればと、代表に問い合わせたら、血統書の写真を送ってくれました

ほとんどの保護犬は、生年月日どころか、正確な年齢もわかりません。
お誕生日は、お家が決まってから、ご家族さまに決めてもらうことにしています
だから、モコも今迄の預かりっ子と同じに、去年はお祝いはしていませんでした
ミューちゃんの場合は、もしかしたらボビン家で、お誕生日が2回来たかも知れないけど、お祝いしてあげなかったし・・

そんな訳で、モコには初めてのお誕生祝いです
ケーキを前にしても、予想外におとなしく座ってくれました
せっかくだから、ロンも並んで写真を撮りましょうね

今のところ、治療を要するような持病はなく、どんなわんことも問題なく接する、とっても良い子で、ボビン母は助かっています

PLACE IN THE SUN M.OASES
これがモコの正式名です。OASISじゃなくて、なぜかOASES。
陽のあたる場所なら、エリザベス・テーラー。太陽の当たる場所ならスティービー・ワンダー
余談はさておき、モコは名前通りに「北風と太陽」の太陽みたいな子です。周りの人を、優しい笑顔にしてくれます
もう少し若かったら、セラピー犬で活躍できたかも・・

ロンから1か月半遅れで、今日モコも11歳になりました
同じ歳のお友達みんなと、これからもボチボチ元気で長生きしようね
20 : 29 : 11 | モコ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>