ロンは術後2年経過
2017 / 06 / 30 ( Fri )




今日は6月30日。今年ももう半分過ぎてしまう
年をとってからの一年が速く感じられるのは、年齢を分母として捕えるから・・つまり、12歳と60歳では、60歳は1年が5分の1、言い換えると5倍の速さに感じられるらしいのです

その話はさておき、ロンの3か月ぶりの検査結果をお知らせします

朝センターに預け、お迎えは3時45分と早目の指定。雨は止んだし、暑くもなかったので、モコも一緒にお迎えに行きました
早目に着いたから、すぐ近くの公園を散歩し、モコは車で待機です
センターには、2年前のロンのように、深刻な病状だからこそ通っているわんこ達がほとんどだから、治療の必要ないモコの付き添いは迷惑になるものね

今回も「再発や転移を示唆する所見はみられません」でした
画像は全く問題なし。触診でも以前より良い感じだそうです。薬の副作用で、尿素窒素の数値が上がり続け、ちょっと上限を超えていたのが、今回は標準の範囲におさまっていました
3年を経過するまであと1年は、安心を確認するために通います

結果良好のため、お話が短く終わったから、むっくママが懲りずに(ママさん)新しい子を迎えたことをお話しました。先生は、「ここにも保護犬だった子が通ってきます。里親さんになる方がいるからこそだから、ありがたいですね」と喜んでくださいました

朝ごはん抜きで検査を頑張ったロンと、午前中一人でお留守番したモコに、いつものドッグカフェで、ササミ入りミネストローネのご褒美をあげました
その後、少し空が明るくなった公園を散歩して帰りました。雨があがって本当によかったね
スポンサーサイト
22 : 54 : 13 | ロン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
関節炎のその後
2017 / 06 / 04 ( Sun )



ロンの関節炎のその後を報告せずにいたら、ご心配をおかけしたようで、申し訳ありません

月曜の夕方から消炎鎮痛剤オンシオールを飲んだら、水曜朝には歩行はいつも通りに戻っていました
薬は1週間分出ていたので、止めてよいか飲み切るかを尋ねに、金曜夕方に散歩がてら病院に行きました

「診察はなしでよいですか?」by看護師さん
「今日は診察なしで大丈夫です。電話でお尋ねしてもよかったのだけれど、散歩がてら、可愛いモコを見せにきました」って、しょうもない返事をしたボビン母です

そんな返事ができるのも、何曜日の何時頃なら空いているかを熟知していればこそ
ちょうど患者(患犬?)さんが診察室から出てきたところで、奥から馴染みの看護師さん2人がモコを見に来てくれました。
モコのサマーカットは大好評でしたよ

肝心のロンのお薬は、飲み切るように指示をいただき、入口から柴犬が来たところで、営業妨害にならないうちにおいとましました

金曜までは短めの散歩だったのですが、朝はやはり行きたい涌き水公園
1週間ぶりに通ったら、紫陽花が咲き初めています。次の雨の後には、もっと綺麗な姿が見られるでしょう

ロンの歩き方は普通に戻ったけど、もうしばらくは用心して、涌き水公園にも近道から行っています
21 : 36 : 16 | ロン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
安静は無理だから
2017 / 05 / 30 ( Tue )



土曜から軽い跛行をしていたロン。
月曜夕方になっても治らなかったので、病院に行きました。真剣な受診だからモコはお留守番です

痛がる様子はなかったけれど、どうやら膝関節らしく、一応レントゲンを撮りました。骨の老化で小さな棘のようなものができて、普段は何でもないのだけれど、何かの弾みで炎症を起こしたようです
消炎鎮痛剤を1週間分もらい、散歩は短くして、安静にするように言われました

安静って・・。サークルかクレートに入れれば安静は保てるのですが、ロンの閉所恐怖症は代表のお墨付きです
ロン受け取るにあたって、代表と公園で待ち合わせをした時の逸話があります。
ソフトクレートに入れられて、代表の車で移動の最中、暴れてクレートをぶち壊して脱出。ボビン母が待ち合わせ場所に着いた時、ロンはリアウィンドウ越しに、得意満面で外を眺めておりました

というわけで、閉じ込めるのは逆効果のため、散歩を短くすること、階段の上り下りは抱っこすることだけは実行することにしました

今朝の散歩もかなりの短縮コースにしたのですが、外が好きなロンは物足りなげ。
でも今日は夏日の予報

ならば、航空公園に
駐車場から、最短コースの木陰を選んで、ドッグカフェに到着です
いつものささみ入りミネストローネを食べてくつろぐモコロン。
この写真のロンはイケワンでしょ

帰りも駐車場まで最短コースです
外のベンチに座ってドッグランの様子を眺めていたら、モコは中に入りたそうだったけど、フェンス越しにハスキーくんにご挨拶して帰りました

夕方の散歩を省略したけど、カフェに行ったから、少しは気分転換になったかしら
23 : 27 : 05 | ロン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ロンロン11歳
2017 / 04 / 24 ( Mon )



今日、ロンは無事に11歳のお誕生日を迎えました
ロンがボビン家に来たのは5歳の時です。
直腸癌と言われた時はショックでしたが、あと3か月程で、手術から無事2年過ぎたことになります

初代のロビンを11歳2か月で見送ったため、ボビン母の思い残しから始めたシェルティの里親。
ボブとディランの後に若いロンが来て、ロンが良い子だったから預かりのお手伝いをしましたが、ボビン母の年齢を考えると、どうやらモコロンがボビン家最後のわんこになりそうです。だからこそ、どうしても長生きしてもらわなくっちゃ

今年ロンのケーキはボビン母が作りました
ロンは癌の再発が心配だから、炭水化物は控え目にしています。ボビン母お気に入りのお店のケーキは、お芋でできているから、今回は見送りました。もうすぐ来るモコのお誕生日には、お芋ケーキで一緒にお祝いしようね

そのケーキですが、本来のスポンジ部分は、鶏の挽き肉、エノキタケ、キャベツを煮て、おからを入れて形成しました。
豆乳クリームをホイップして、苺をのせて完成です
こてとわおかんは笑っちゃうかもしれないけど、ケーキは人間の自己満足みたいなものだから、おいしければいいかな

ロンのおバカスイッチは健在ですが、病院では超優等生だから、ボビン母は鼻高々です
一人っ子タイプのロンだから、モコとは仲良しという訳にはいきませんが、お留守番の時はきっと心強いはず

特別なことはしてあげられないけど、体調管理だけは怠らず、毎日をそれなりに無事に過ごして・・その日々の繰り返しが、ずっと続きますように

22 : 23 : 14 | ロン | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
手術ついでにメンテナンス
2017 / 03 / 06 ( Mon )



先日お伝えした、ロンの顔のデキモノの切除を、今日してきました。

手術そのものは15分で終わるという先生の言葉を思い出し、どうせ全身麻酔をするなら・・と、歯のスケーリングを追加したため、先週の予定が今日になりました。
何ヶ月か前にスケーリングの予約を入れたのに、、原因不明の熱を出してキャンセルしたままになっていたからです

歯に関しては、歯石はついていましたが、歯周病等はありませんでした
毎日歯磨きをするようにと。せっかく綺麗になったのだから、ボビン母が頑張らなくちゃいけませんね

さて、本来の手術の話です。
切除したものを見せてもらいました。深さ3㍉程の小さなもので、多分大丈夫でしょうと言われました
顔を剃ってイケワン台なし・・とか言ってる場合じゃなかったら、と気にはなりますが、とにかく病理検査の結果を待つことにします

先生は、デキモノよりもひどい咳が気になると、喉の奥も診てくださって、かなり赤くなっていることがわかりました
以前、所沢でもレントゲンで調べてもらったのですが、咳の原因はわかりませんでした。
今日も原因はわからず、とりあえず、抗生剤と咳止めの薬を1週間分もらってきました

甲状腺の影響で喉に影響が出ることもあるそうで、血液検査で採取したついでに、甲状腺の検査に出すことにしました。

ボビン母としては、以前チェリーちゃんの咳のことで教えていただいた、「高齢になると気管支が潰れる気管支狭窄」が妥当な気がしているのですが、ロンの負担が無くて調べられるのなら、やってしまえ~

家に帰ってエリカラをつけたロンは、固まって立ったまま。かわいそうだから外しました。
それに何だか変だと思ったら、尻尾が下がって、シェルティらしい姿になっています
でも2時間程したら、いつもの尻尾に戻っていたから、ご安心ください

22 : 57 : 04 | ロン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>