シェリー抜糸
2012 / 08 / 31 ( Fri )

シェリーちゃんのママさんからメールをいただきました
「今日は抜糸をしました。
順調な回復で、理想的な体重を維持しています」

シェリーちゃんの生命力に、ボビン母は本当に脱帽です
シェリーちゃんは何度も危機を乗り越えて、今に辿り着きました。
乳腺腫瘍も良性だったし、もう何も心配することはありません。
あとは、パパさんやママさんに甘えて、たくさん可愛がってもらってくださいね
涼しくなったら、シェリーちゃんお得意のドッグランで会いましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

シェリーちゃんのシンデレラ物語は終わった・・と思ったら、これから、そう、今日これから、またシェルティがボビン家にやって来ることになりました。
どんな子なのか、ロンの反応はどうなることやら
また明日お伝えできるかしら
スポンサーサイト
16 : 08 : 21 | シェリー(シェリーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
リリーちゃんがお散歩
2012 / 08 / 28 ( Tue )


今朝、10日ぶりにスピッツのリリーちゃんに会いました
その後どうしていたか気になっていましたが、リリーちゃんはリードをつけて、ちゃんとママさんと一緒に自分の足で歩いていました

さすが若いだけあって、環境の変化にすぐに適応できたようです。
たった10日の間に少しふっくらして、毛も大人の毛並みになりかけていました

ママさんはリリーちゃんが可愛くて仕方ない様子。優しい飼い主さんに巡り会えて本当によかった。
リリーちゃんだって、あのままペットショップにいたら、シェリーちゃんと同じ運命を辿ったかもしれません。

ただ一つ心配なのは、ママさんがリリーちゃん可愛さに、せがまれると人間の食べ物をあげてしまわないか・・。

だんだん素敵なレディになって行くリリーちゃん、また会いましょうね
21 : 49 : 10 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
シェリー退院
2012 / 08 / 24 ( Fri )


今日の夕方、シェリーちゃん無事退院のお知らせをいただきました
実はシェリーちゃん、21日に入院して緊急手術を受けていました。

今月末まで北海道の予定でしたが、異変を感じたママさんが病院に連れていったところ、子宮蓄膿症の疑い濃厚との診断。
急遽、予定を変更して帰り、翌朝にはいつもの病院へ

子宮蓄膿症でした。
そのまま入院し、午後には摘出手術となりました。
幸いシェリーちゃんの体調はよく、ママさんの下での生活で、手術に耐えられる体力はついていました。

手術終了のお知らせを受けて、シェリーちゃんのママさんとママさんのお嬢さんが面会に。
グリュメルママさんとボビン母も面会に行きました。
そこに偶然現れたのがむっくママさん。シェリーちゃんの親戚のお姉さんを名乗るだけのことはあります。本当に不思議なご縁です。

それはともかく、シェリーちゃんは病院のケージでいつものように寛いでいました。
普段のシェリーちゃんを知らない人には、具合がよいのか悪いのか、判断は難しいけど、みんなの結論は「大丈夫

パンパンに腫れた子宮を見せていただきました。あと2~3日遅かったら破裂したかもしれません。、ママさんの的確な判断に感謝しました。

さて、それから2日を無事に過ごし退院の日を迎えました。
おうちに帰ったシェリーちゃんは、食欲、、シッコ、傷の状態、全て心配なく動き回っているそうです。それが下の写真。

ボビン家でお預かりの時に、体力がなくて避妊手術を当日に中止したことがあります。
幸いシェリーちゃんの子宮蓄膿症は開放型でした。それでも、同じ開放型のマリの場合は悲しい結末でした。手術に絶対はありません。
グリュメルママさんもボビン母もマリの時の当事者です。ですから、手術が無事に終わっても、翌々日までは不安でした。
シェリーちゃんのママには「大丈夫、大丈夫」と言いながらもすごく不安だったことを今、白状しちゃいます

でも、もう本当に大丈夫だから、こうして皆様にお知らせしています
マリが、病院の先生や私達に教えてくれて、シェリーちゃんを守ってくれたのだと思います。ありがとうね、マリちゃん

シェリーちゃんは本当に運の強い子です。
そしてシェリーちゃんを一番に守ったのはママさんの愛情ですよ、シェリーちゃん
21 : 48 : 14 | シェリー(シェリーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
ボブ
2012 / 08 / 21 ( Tue )



ボビン家の保護犬との関わりは、このボブから始まります。
二代目シェルティのボブは、3年前の8月21日に、新潟のミクタローさんのお家からやって来ました。
シェルティレスキュー発足以前のことですので、
ボビン家に来た経緯と、初代ロビンとの縁は、4月30日に「ボビン」としてちょっと載せています。

フィラリア陽性で心臓が悪かったボブの主治医はS先生。
以前の通院先を尋ねられ・・・それがなんと、東京は先生が学生の時にお手伝いしていた病院。新潟は卒業研修先の病院というあまりの偶然に、S先生とボブの不思議なご縁を感じたのです。

心臓が悪いのにお散歩大好きなボブ。
犬の幸せって何かな?
真剣に考えて、やっぱりお散歩は短く、でもいっぱいすることにしました。ゆっくり、ゆっくり
食いしん坊のボブのご飯の催促は8の字旋回でした。

ライオンカット、足が長く、コリーのようで、独特の雰囲気といくつもの表情を持っていました。
クールでかっこいいボブ
食いしん坊でひょうきんなボブ
ちょっと情けない顔をしたボブ

春先から元気がなくなって、「5年は一緒にいようね」が3年になり、1年になり、ちょうど一周年を無事に迎えた日です。
買い物で30分留守にして戻ったら・・突然死でした。
挨拶もなく逝ってしまうなんて、クールなボブらしい別れ方でした
そう、家族になった日のちょうど1年後の8月21日のことです。

ロビンとの縁、主治医との縁、8月21日の偶然、他にも谷川岳のこと・・。ボブは不思議な運命の子だと思えてなりません。
たった1年しか一緒にいられなかったのに、ボブとの思い出はいつまでも鮮やかです。
06 : 43 : 18 | 虹の橋を渡った子 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
北の国から~続シェリー
2012 / 08 / 19 ( Sun )


シェリーちゃんのママさんからお便りをいただきました

「シェリーはトリミングに行ってきました。カットをしてもらって、ますます可愛くなりました
皮膚の状態もグッドです
まるのお散歩にはバギーに乗って一緒に出かけ、芝生の上を歩いています

トリミングしてもらったシェリーちゃん、リボンをつけてもらって、本当に可愛くなってます
まるちゃんのお散歩に、一緒に連れていってもらってよかったね
でも玄関までの送り迎えするシェリーちゃんも可愛いから、たまにお留守番して、送り迎えも悪くないですよね、ママさん

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今日のロンのお散歩は土手の向こう岸。
北の大地とはいかないですが、空が広く感じられます
08 : 48 : 21 | シェリー(シェリーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スピッツのリリーちゃん
2012 / 08 / 18 ( Sat )

写真がなくてごめんなさい。今週、初めて会ったスピッツのリリーちゃんの話です。
6か月だというのに、リードを付けると全く歩かないのでママさんが抱っこをしていました。

歩かない理由がわかりました。ペットショップからお家に来てて2日目だそうです。
つまり、ペットショップで6か月いたことになります。それでは、お散歩を知らなくて当然かもしれません。
それから3日間、続けて会いました。さすがに若いから、少しずつ歩けるようになっていました。

犬を飼うのは初心者だというママさんにいろいろ質問されました。ロンやシェリーちゃんの話もしました。
「もう少し早く保護犬のことを知っていたら、そちらからもらったのだけれど・・」
いいえ、リリーちゃんはお宅に迎えてもらえてよかったんですよ。
だって、このままペットショップにいたら、じきにブリーダーに戻されて、シェリーちゃんと同じ運命になったかもしれません。
リリーちゃんは間一髪で幸運を手にしたのですね

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

写真は晩年に幸せを掴んだシェリーちゃん。
先日、ママさんが写真付きで一言送ってくれました。
「たしかに、座卓での食事は油断できません。こ~んな可愛いシェリーなんですが(笑)」
うん、うん、充分想像できます!食いしん坊シェリーちゃん、元気が一番よ
08 : 46 : 36 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
北の国から~おやつ
2012 / 08 / 12 ( Sun )




シェリーちゃんのママさんからロンにおやつが届きました
人が食べてもおいしそうなクッキーやアキレスがたくさん

早速いただきます
長~いクッキーの香りに興味津々。
ロンは許可が下りるまでは勝手に食べたりしない良い子です。ヨダレを垂らしながらも、じっと待ちます
それでも待たせると、食べ物から視線を外して・・・我慢です
これはシェリーちゃんには絶対無理ですね、ママさん?
そして、時々こちらに「まだですか?」アピール。
この後ソファーの上に持ち込んで、味わっていました。
シェリーママさん、たくさんのおやつをありがとうございました

バギーに乗ったシェリーちゃんの写真。
最近は朝ごはんの時、まるちゃんと一緒に「早く!早く!」って吠えて催促しているそうです。
想像するだけで、微笑ましい光景
まるちゃんと、もっともっと仲良しになってね

17 : 20 : 25 | ロン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北の国から~シェリー
2012 / 08 / 09 ( Thu )



シェリーのママさんから写メールをいただきました

「快食快便で元気です。
お散歩では、バギーの中から鼻をクンクンさせて楽しんでいる様子。
お家の前では少しは歩いています。
皮膚の状態もよくなって、毛もまた少し伸びてきました」

もう、〇〇さんちのシェリーちゃん。今、北の大地で、新鮮な空気を満喫しています。
せっかくだから、自分の足で大地を踏みしめて欲しいところですが、まだバギーは必需品のようです。

持病があって、若くなくて、お散歩ができなくて、表情の乏しかったシェリー。
「本当にこんな子でいいんですか?」と尋ねると、「まあ、なんてことを!こんな子でいいんですよ」と笑いながら、ママさんはおっしゃってくださいました
シェリーを丸ごと受け入れてくださったご家族様に、改めて感謝しています。
シェリーちゃん、素敵なご家族に巡り会えて、本当によかった

3枚目の写真は、ロン。少し物憂げな表情に見えなくもありません。
「僕ももっと優しいママさんのうちの子になりたかった」・・かな
19 : 26 : 08 | シェリー(シェリーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |