小動物医療センター
2015 / 07 / 29 ( Wed )



朝からロンは、所沢の医療センターに行きました
手術は無事に終わったのですが、既に転移している可能性は否定できなかったからです。

このセンターを奨めてくれたのはむっくママさん。以前にのごまきちくんが通って、とっても良い先生にお世話になったことを聞いていました。
かかりつけの先生がいくら信頼できていても、やはり専門の先生とは違うと言われて、納得しました。

偶然にもロンを担当してくださることになったのは、むっくママさんがお世話になった先生でした。
温かい雰囲気で、説明は丁寧だし、こちらの話も聴いてくださり、むっくママさんのおっしゃる通りだと思います
しばらくお世話になることになるでしょう。どうかよろしくお願いします

待ち合い室では、シェルティが他にもいました。膀胱癌のトライの女の子と、肥満細胞腫のセーブルのミニシェルです。先生や看護師さんたちは「今日はシェルティがいっぱいいますね」って、声をかけて通っていました

ところでロンのことですが、検査のために病院に預け、夕方迎えに行きました。
検査結果が来週にならないとわからないものもあります。今日のところは悪い様子はみられないないけれど、一か所ひっかかるものがありました。それも含めて、来週また通います

お留守番のミューのために、ボビン母はロンを預けて、一度帰ってきましたが、ミューはロンがいなくてさみしそう。とっても静かな良い子でしたよ

スポンサーサイト
22 : 46 : 44 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
暑過ぎて
2015 / 07 / 27 ( Mon )



昨日、ロンはショコラさんでシャンプーとカットをしてもらいました
ミューは21日に行ったばかりです。
いつもシャンプーの後につけてもらうリボンが凝っているのですが、今月は麦藁帽子。とっても可愛いくて披露したくなりました
上がロンの、下がミューので、色違いです
ただ残念なことに、チョークにつけているから、毛に被われて誰も気がつかない・・シェルティの宿命ですね。
ミューはハーネスにもつけてもらっています

毎日暑すぎて、朝の散歩は早めに、夕方は遅らせて、時間も短くしています。
日中はクーラーの中でまったり過ごす以外は、どうにもなりません。
日中に一度は、トイレ事情で外にロンを連れ出しているのですが、を済ませるとクルッとUターンして、さっさと家に帰るロン
ロンにとっては「行くも地獄、行かぬも地獄」かな

ミューはカジカジもごみ箱漁りもしなくなって、すっかりおとなしくなりました。元気がないから、具合が悪いのかと心配することがありますが、大丈夫、元気です
その証拠に、寝ていても外で子供の声やバイクの音がすると、素早く起き上がって、ワンワン大騒ぎしていますから
23 : 02 : 42 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
久しぶりのバトル
2015 / 07 / 24 ( Fri )




午後は猛烈な雷雨の地域があったようですが、ボビン家付近は一滴も雨は降りませんでした
それでも雲が多かったから、地面はそれほど熱くなく、いつもより早めに散歩がてら病院に向かいました
ロンは便軟化剤を今月いっぱい続けることにしています。日曜の分まではあるのですが、金曜は比較的空いてると聞いたので・・大正解

ロンは癌専門の二次診療施設を紹介してもらうことにしました。
院長は快諾、すぐに手続きをしてくださったので、初診予約も済ませて、来週行くことにしています
受付の看護師さんと、その件で確認してから病院を出ました

今のロンの癌がどういう状態か、治療する場合はどのようになるのか・・とにかく先ずは行ってみなくちゃ

家に戻ってわんこ達のご飯をあげて、その後台所にいたら、リビングが騒がしい
覗いてみたら、久しぶりの食後のバトルを展開していました。そういえば、ロンが手術してからはずっとなかったと思います。ミューもロンが普段とはどこか違うことがわかって、遠慮していたのかも。だとしたら、エラかったね、ミューミュー
写真はバトルの終わったところです。ミューは欠伸なんかしちゃって

ロンはなんとなくボビン家の子になったことは以前お伝えしましたが、今ではかけがえのない、ボビン母の相棒です。ロンにとって辛くない方法で、出来るだけ長く傍にいてもらえるように、ボビン母は頑張りますよ

追記 ミーちゃんとブーちゃんのママさんが、先日のワンクルさんでの写真をアップしてくださっています。 ビックリするほどイケワンのロンを是非見てやってください

23 : 00 : 21 | ロン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
秘密兵器登場
2015 / 07 / 21 ( Tue )



金魚すくいの道具?
いえいえ、う〇ちキャッチャーです

ロンの直腸手術跡は回復しても、負担を減らすために、今月いっぱいは軟化剤を飲ませています。
散歩の際に、左手にロンとミューと散歩グッズを持ち、右手にトイレシートを常に用意して歩いていたのですが、失敗することも多く、そんな時、これを持ってシェリーちゃんの後ろを追いかけていた、ほほえましい母さまの姿を思い出していました

そうしたら、先日のワンクルさんで、「シェリーが使ったものだけど・・」と言って、シェリーちゃんの形見(?)をロンにくださいました。

市販のワンコ袋でなくてもセットできるし、何より素早く対応できるから、失敗することがほとんどなくなりました
これを持って歩き続けるのは格好悪いけど、散歩中に何度も腰を落とす今の状態だと、家に戻って始末すればよいから大助かりです。
まるチェリーメイちゃんの母さま、気を利かせてくださって、本当にありがとうございました

毛足の長いわんこが下痢気味の時は、尻尾をくっつく包帯でバカ殿にすることと、このキャッチャーを利用をお勧めします

今日ミューはショコラさんに行き、シャンプーとカットをしてもらいました
今日も猛暑だから、日中は室内でまったり過ごすロンとミューです。
綺麗になったミューちゃん、可愛い
22 : 05 : 25 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ワンクルに集合
2015 / 07 / 18 ( Sat )






ミーちゃんとブーちゃんが、この連休を利用して埼玉に帰ってくる連絡をいただきました。
それなら、ということで、ご近所さん(?)をお誘いして、いつものワンクルさんに集合です。

連絡係のボビン母が遅れて着いた時には、ミーちゃん&ブーちゃん、まるちゃん&チェリーちゃんはドッグランで待っていてくれました

遅いランチを約束していたから、さっきまでは満車だったけど、遅れたからちょうどよかったって言ってくれました。みんな優しいですね

写真二番目から紹介します。さくらちゃんとむっくくん。すみれちゃんがいません。ママさんに抱っこされていたから。
右がミープちゃん、左がブーちゃんの仲良し娘と母ペア。
右がまるちゃん、左がチェリーちゃん。メイちゃんはお留守番です

3着目の介助服を着用したむっくくん。以前にお伝えしましたが、テクさんに作っていただいたものです。の柄のレース地は、涼しげで明るくて素敵でした。
最後はおやつに群がる5シェルティ達。ちゃっかりミューも参加していました

むっくくんは、ママさんの話ではもっと元気がないと思っていたのに、目力があるでしょう?病気になんか負けないぞ、って。

ミューはここでも外面の良さを発揮して褒められました。「良い子」って
ロンがいつもと変わらないから安心してもらえたし。そうそう、シェリーちゃんが下痢の時に使っていた、便利な道具をいただいたんですよ
それから、いつもロンを可愛がってくれる、まるチェリーメイちゃんの母さまのお孫さん(綾瀬はるかにそっくり)も来てくれたんです

みんなそれなりに元気で、年に何回かこうやって会えたらうれしいですね
この機会を作ってくれたミーちゃんとブーちゃんのママさん、ありがとうございました

23 : 02 : 23 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
オセロじゃないから
2015 / 07 / 15 ( Wed )




昨日の夕方、動物病院にロンとミュー揃って行ってきました
ミューはフィラリアのお薬をもらいに、ロンは手術の経過を受診にです。

ミューは4月にフィラリア陰転しましたが、10月にもう一度検査をして陰性ならば確定、晴れて万歳です
そのためには、今日からひと月、毎日抗生剤のビブラマイシンを飲む必要があり、それをもらいにです
ミューの体重が1㌔増えてしまいました
このところミューだけお留守番になることが度々で、かわいそうだからとオヤツをあげていたボビン母の過失です。
明日から減量頑張ります

ロンの手術の傷は順調に回復しているようで、直腸の動きはだいぶ良くなっているそうです。(先生の腕がよいからね
でももう少し便の軟化剤は続けることになりました

もう一つ、病理検査の結果が来ていました。
先生を待つ時間は、試験の合格発表を待つみたいにドキドキでしたが、先生の表情からは不合格と読み取れました
果して結果は、合格とも不合格とも言えず、つまり白でも黒でもなくグレーでした。

「切除縁への露出はない」という記述だけだと安心してしまいますが、細かい部分を読むと、喜んでもいられません。
局所転移病変を思わせる~等の記述があるので、次の策を講じることにします。

オセロみたいに白か黒、はっきりしたらスッキリするのでしょうが、生命体って割り切れるものじゃないですものね。

ロンは本当に何も変わった様子はありません。
治療のことはいずれ追い追いお知らせすることになると思いますが、ロンを見守っていてください
22 : 19 : 06 | ロン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
凜ちゃんは虹の橋に
2015 / 07 / 12 ( Sun )





12日になってすぐに柴犬の凜ちゃんが虹の橋を渡ったと連絡をもらいました

保護された当初から心臓が悪かったのですが、お姉さんにたいそう可愛がられて5年過ぎ、その間にフィラリアも陰転しました。
3月に入院した時「この数値で生きているのが不思議」と言われながらも、先月はボビン家に来てくれました
胸に水が溜まり、肝臓の数値が悪くなり、それでも昨晩はサツマイモを食べたそうで、穏やかな最期だったと、お姉さんが言っていました

凜ちゃんは繁殖場出身です。11歳だから、もう少し生きていて欲しかったけど、ずっと頑張ってきたから疲れたのね。
お姉さんが仕事が休みの日を選んで旅立つなんて、本当に孝行娘です
市内一番の美人さんだった凜ちゃん、これからは凜ちゃんがお姉さんを見守ってあげてくださいね

保護犬だった子が虹の橋に向かう時、「命は救えなくても、魂を救ってあげられて、最期が幸せでよかった」と思うことで毎回自分の気持ちに折り合いをつけています。

今日が命日の子がもう一人・・・ななちゃん(なつ)です
ななちゃんのドラマチックな短い犬生は、何度かお伝えしました。大きくて、性格もおおらかで明るいひまわりのような子でした
夏の終わりに保護されて、初夏に旅立って行きました
誰からも愛されたななちゃんでした

写真はもちろんななちゃんです。ミューだと思った方もいらっしゃいますよね。そう、ボビン母ですら写真だと区別がつかない時があるんです。
でも最後の写真のロンの様子で、ミューでないのがわかります。ロンはなつとは程よく仲良しでしたから
21 : 36 : 37 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
やっと晴れたけど
2015 / 07 / 10 ( Fri )



今日は久しぶりの晴天です
またしても更新を怠っておりました
あまり長い間サボっていると、皆様にご心配をおかけしてしまうので、とりあえずの更新です。

毎日の雨でも、トイレ外派のロンとミューのために散歩は普段通り行っていました
でも写真は撮れませんでした
今日はせっかくの晴天でも、やっぱり写真は撮れませんでした

ロンは朝夕の他に、日中と寝る前に近くを一回りしています。
便を緩くする薬の効果が出てきたのはよいのですが、良い子のロンは部屋ですることも、便意を訴えることもせず、じっと我慢するんです。
それが忍びなくて、イレギュラーで連れ出すことにしました。

トイレシートを右手で持ち、いつロンが腰を落としてもすぐに対応できるようにスタンバイしています。そのためボビン母はロンの動きを見張っています。
ミューは周りが気になって仕方がなくて、スキあらば電車や車や子供に吠えようとするので、ミューにも注意を向けていなければなりません。
そんな状態だから、4~50分の散歩を終えて帰ってくると、さすがにお疲れモードのボビン母です。

じゃあ別々に行けばいいって思っている貴方・・40分×2を毎日朝夕は、体力自慢のボビン母でも無理
ロンの傷が回復したら薬は必要なくなるから、それまで頑張ります

という訳で、いつも代わり映えしない写真で申し訳ありません
ロンとミューが寛いでいる際にこんなに近くにいるのは、とっても珍しいんですよ
23 : 18 : 07 | ロン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミューは空気が読める子
2015 / 07 / 06 ( Mon )


ロンの病気の煽りを受けて、このところ留守番が多くなっているかわいそうなミュー
ボビン姉さんが言う通り、ミューのお利口さんの様子をお知らせします

ロンが病院に一泊した日、ミューだけだとおとなしいことが判明したことはお伝えしました。
ロンが帰ってきた途端、いつものミューに戻ったのですが、ロンが普段と違うことに気がついたのか、自分からチョッカイをだしません。

それだけでなく、ロンをかまうとヤキモチを妬いて、ロンのお尻をかじりに来ていたのに、寄っては来てもそばにいるだけです。
だから、夜中のブリモン騒ぎの際も、邪魔されることなく手早く始末ができました。こういうことが、「予想外に空気が読める子」と、ボビン姉さんから高評価をもらったようです

今日も午前中は一人でお留守番でした。外は雨で静かだから、きっと寂しく寝ていたのでしょうね
ロンが安定してお天気になったら、ミューちゃんの好きなドッグランに連れて行ってあげるから、もう少し我慢してね。
本当は、ミューを可愛いがってくれるお家が早く見つかるのが一番だけど

ミューが今日もお留守番になった理由は、ロンの予定より早い通院です
前回の状態とは打って変わって、緩くする薬を飲んでいるのに排便困難になりました。薬を倍にしたのにもかかわらず、です。

傷口が治るまでは、そこを便が通過する際に、かなり痛いそうです。それで腸が反応して縮むから、出かかったものが戻ってしまう。かなり溜まっていました
病院でいろいろ処置をしてもらって、今はとにかく軟らかくして出す努力をします
病院でピンクの包帯を巻いてもらって、ばか殿はバージョンアップしました
22 : 42 : 26 | ミュー(ミューちゃん) | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
赤いパンツのばか殿
2015 / 07 / 04 ( Sat )



今日はロンネタで笑ってやってください

手術後に便を柔らかくする薬が出されていることは、昨日お伝えしました。
尻尾に軟便が付かないように、付けねを少しだけ結わいて散歩に出たのですが、肛門から少しずつ垂れていることに気づきました
最終的には排便に不都合が生じない手術のはずですが、その手術の際には肛門にかなり負担がかかっているので、2~3日は仕方ありません。
ボビン母は思案の末、家に戻ってから、脱脂綿をあててパンツを穿かせました。ミー&ブーちゃんにいただいた、あのパンツです

洋服を着せると固まるロンは、落ち着かない様子で、時折、急に2㍍ほど駆け出していかにも挙動不審でした
その謎を解いたのは、ボビン姉さんです。(嫁に行ったのに、昨晩も仕事帰りにやって来ました
夜中にボビン母の部屋を覗いて、ロンがブリモン(オ〇ラのボビン家用語)しては駆け出すことに気づきました
ってことは、中身も出てる・・さあ、大変
果たして、夜中の2時にロンのお尻拭きに追われたボビン家でした

でもねぇ、ジェット機じゃあるまいし、ガスを出したからって2㍍ダッシュするのはどうしてなんでしょう

朝の散歩で少し固形のものが出たからか、昨晩の行動は見られなくなり、パンツにも慣れたせいか落ち着いています。
盲腸はガスが出たら一安心って言われていますが、それと同じことなのかしら
ロンのお尻は、自分の意思とは関係なく中身が出てしまうことはなくなりました。
ただ、尻尾のばか殿を豪華にしたので、散歩中すれ違う人に受けています

おことわり:用語には注意をはらったつもりですが、尾籠な話でお気に触ったらごめんなさい
22 : 13 : 18 | ロン | トラックバック(0) | コメント(11) | page top
ロンは元気です
2015 / 07 / 03 ( Fri )



本日お昼に、ロンは退院しました
元気です
朝一番に病室に会いに行ったら、点滴していることを除いたら、ちょっと目つきが暗かったけどいつものロンでした。
看護師さんと「ここにいるのが不満げな顔してる」って笑いながら話して、「また後で迎えに来るからね」って退室したら、エライ勢いで怒って吠えていました

それから用事をすませ1時間後に迎えに行き、家に帰って来ました
帰ってすぐの写真です
ロンはまだ不満げ、ミューはうれしそうです。
頑張ったロンと、留守番をしたミューにおやつです

夕方は雨のやみ間に、いつも通り散歩しました
直腸に負担をかけないために便を緩くする薬と、抗生剤を飲む以外は食事も普段通りです
摘出した腫瘍の外側に癌細胞があるか、病理検査の結果で事態は変わるのですが、それまでは何でもないつもりで過ごします。
もう少しロンの様子を見守っていてください

一晩だけ一人っ子になったミュー。
とってもおとなしくて、散歩で会った人たちにも、「いつもよりおとなしいね」って言われていましたが・・ロンが帰って来たら、やっぱりいつものミューに戻りました
19 : 39 : 43 | ロン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
オシリマルガリータの理由
2015 / 07 / 01 ( Wed )



今日、こてとわおかんと姉さんがボビン家に来ました
まずは、焼肉屋さんで待ち合わせランチを食べてから、お向かいの家をピンポン
お向かいのコナツくんは柴犬です。シェルティ飼いはシェルティが好きなように、こてとわおかんもやっぱり柴犬が好きで、コナツくんに会わせてもらいました

それからロンとミューが留守番をしていたボビン家へ
昨日脳腫瘍で亡くなった、こてとわのお友達の光牙のことや、動物病院の話等を聞かせてもらいました
こてとわおかん達がいた時の、ロンとミューの写真はおかんのブログでご覧ください
3時半には次の目的地、ららぽーとに向かって行きました

これからボビン姉さんが来ることになっています。つい先日来たばかりなのに、また来る理由は・・ロンのお尻にあります

昨日ショコラさんでシャンプーをして、お尻周りにバリカンをかけてもらいました
明日の夜に、ロンは直腸癌の手術を受けます。完全を期するなら直腸を10㌢以上切除しなければなりません。
それでは日常生活が極めて不都合なので、生活に支障がない方法を選択しました。
翌日には帰って来るはずだし、なつやびおらの手術をしてくれた先生にお願いするので、手術そのものは心配していません。安心してくださいね。詳しくは、退院してからまたお知らせします

いつもと全く変わらず元気な、夕方の散歩です
おまけの写真はオシリマルガリータ。普通にシェルティの尻尾なら見えないのに、ロンは柴犬みたいに上に持ち上げるので、カッコ悪~
22 : 29 : 10 | ロン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |