モコのわんわんドック
2016 / 11 / 28 ( Mon )




今日はモコの全身健康診断の日。朝9時過ぎに預け、夕方の散歩を兼ねて、ロンと一緒に迎えに行きました

結果は、胆泥が多少あるものの、すぐに治療する程ではなく、血液検査は外注のため後日になりますが、今日の結果では内臓は良好のようです

ただ、モコの一番の問題は、骨と関節にありました。軟骨が減ると骨に棘のようなものが出来て、それが神経などにさわって痛みが出るようです。モコの変形した脚がわかる写真を一番下に載せました
人間でも年齢を重ねると、同じことが起きますが、シェルティは犬種的に早く出る子が多いそうです。今も飲ませていますが、サプリメントで補う他はなさそうです

負担にならないためには、体重を増やさないこと。モコは今日11.8㌔でした。もっと減量が必要かと尋ねたら「余分な肉はついていないから、今のままでいいですよ。あんなに痩せていたのを、頑張って増やしたんだもんね、モコは」と優しい言葉をいただきました
無理な運動をさせるのでなければ、固まらないように散歩は必要だそうです

モコは検査終了後、ごはんをもらって完食。病院の中を楽しそうに歩き回っていたそうです
どこにいても楽しそうにいられるモコは、性格は二重丸

参考までに検査の内容を記します。
・血液検査
・X線検査(胸部、腹部、前脚他)
・超音波検査(心臓、腹部)
・糞便検査
・尿検査
・神経学的検査
・眼科検査
・歯科検診
・診察(爪切り、肛門腺絞り、耳掃除含む)
以上セット、キャンペーン価格で2万円弱でした。
モコは幸いに大きく体調を壊さずに7か月過ごしました。そのため、避妊手術の際の検査をしたきりです。10歳になったこともあり、一度きちんと調べておこうと思った次第です。
病院ごとに値段は異なると思いますが、キャンペーン中だとかなりお得です(実は、キャンペーンやってませんか?って先にお尋ねしたから、今はその時期でないのに、キャンペーン価格にしてくれたかも・・)
シニアわんこの飼い主さんはご検討ください
スポンサーサイト
22 : 29 : 18 | モコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ご来場ありがとうございました
2016 / 11 / 23 ( Wed )


朝は曇り空、準備中に雨が降ったり、強風が吹いたりしましたが、ふれあい会は無事に開催できました

譲渡会が本来の趣旨であることをおわかりいただきたくて、春からは「保護犬紹介」タイムを設けました
そして今回は更に「里親さん体験談」タイムを加えて、保護犬への理解を深めてもらう機会を設けました
シェルレスからは、故シェリーちゃんとチェリーちゃんの里親さま。ミールくんとレイちゃんの里親さまにお願いしました。
お二人ともに心温まるお話をお聞かせくださり、ありがとうございました
保護犬の里親になりたいけど不安、って思い迷っている方の参考になるとうれしいですね

いつものことながら、たくさんのシェルティ交流の様子は、他の皆様のブログでご覧ください

今日の写真はこれだけです
シェルレスブースの一角なのに、シェルティ2頭と他の犬種3頭。左から、むっくママさんのお家のさくらちゃんとすみれちゃん。モコ。里親さま体験談の主人公のチェリーちゃん。こてとわおかんさんの小鉄くん。ロンは退屈して文句ばかりだったから、ボビン母と一緒でした

おまけの一枚は、フリマ品のハンガーです
皆様、ご来場およびお買い上げ、ありがとうございました

21 : 40 : 14 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
メロディさん頑張ったね
2016 / 11 / 20 ( Sun )

本日午後12時半にメロディ(小夏)さんが息を引き取ったと、連絡をいただきました。

ここでは小夏と呼ばせてください。
最初の預かりさんの家で1か月過ごし、小夏がボビン家に来たのは3年前の8月でした。
激痩せで、お耳が切られ、謎のマイクロチップが入っていて、人間不信のような眼差し。この子には心を開いてもらうことを第一に接しました。

9月になって、そんな小夏に、飛び切りの里親希望の方が現れました。「お見合いしなくても必ずこの子を幸せにするから、里親にさせてください。晩年をゆっくり過ごさせてあげたい」と。
10月12日、小夏は今のお家に迎えられました。
初めて里親さまからいただいた笑顔の小夏の写真に、このお家の子にしてもらってよかったと安堵したものです。

それから間もなく、健康状態にあちこち問題があることがわかり、ママさんと小夏の度々の通院が始まりました。
病名をあげたらきりがないほど・・でも、頑張ってくれていました。

その間、やはりシェルレスが保護したみもざちゃんという妹ができ、とても仲良し姉妹。
度々ドライブに連れていってもらい、本当に幸せな毎日を過ごさせてもらいました。

でも小夏の体の状態は、とうに虹の橋の向こうに行っていたとしても不思議ではない程でした。
6月の名古屋の交流会で会えてよかった。

小夏が頑張れたのは、ずっとみんなと一緒にいたかったからだと思います。
小夏の幸せな晩年を約束してくださった里親さま、本当にありがとうございました。

小夏、いえ、メロディさんは明日お空に帰ります。メロディさん、走り方忘れてなければよいですね
19 : 55 : 07 | 小夏(メロディーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
会いに来てね
2016 / 11 / 17 ( Thu )



夕方散歩は、道満のポスターを持って、かかりつけの動物病院に行きました

お馴染みの看護師さんにポスターをお願いしたら「私も行きたいなぁ。道満ってどの辺ですか?」って聞かれたから、「オリンピックで話題の彩湖の隣」で通じました。この看護師さんのご実家にシェルティがいるけど、今は実家を離れたから会えないって、以前言ってました。ふれあい会に来たら、たくさんのシェルティに会えますよ

珍しく待合室に誰もいなかったし、院長の奥様も受付にいたので、ロンの所沢での検査結果を伝え、モコのわんわんドックの相談をしました。
モコを預かってすぐに血液検査をした時は、特別問題はありませんでしたが、あれからすでに7か月。その間にモコは10歳になりました
このところたて続けに知り合いワンコの病気や不幸を耳にしては、ザワザワと落ち着かない気持ちでしたので、思い切って予約しました
昨日お伝えした通り、モコは元気です。だからこそ、今の状態を知っておこうと思いました

さて、道満ふれあい会は来週です
詳しくはシェルティレスキューのホームページとブログをご覧ください
たくさんの保護犬が、家族として迎えてもらえる日を心待ちしています。
暖かくしてお出かけくださいね
卒業生のモコロンも、もこのろん?いえ、もちのろん?、道満でお待ちしています
22 : 09 : 08 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
紅葉がきれいでした
2016 / 11 / 16 ( Wed )




月曜も火曜も長いお留守番をしたモコロン
今日は朝からの強風がお昼頃に止んだので、紅葉を見がてら、モコロン孝行です
そう、簡単に行かれる場所は、いつもの航空公園

駐車場に入れてドッグランを見たら誰もいなかったから、ちょっとだけ入ることにしました
このところ大型犬、それも、ロンが苦手なタイプがいつもいたので、ドッグランはスルーしていました。
モコは前回来たのはいつだったか・・その時はすぐに座り込んで休憩していたけど、今日はモコなりに歩いて、匂いを嗅いで回り活動的です

誰もいないから「モコチ笛」を吹いてみたら、家の中より反応は鈍く、それでも「ワンワン」吠えながらボビン母のところに速足でやって来ました
ロンはこの笛には無反応だけど、モコには効果があるから、やっぱりモコチ笛です

笛の効果を確かめたし、お腹が空いたし、いつものドッグカフェに行ったら、貸し切りかと思ったくらいにほぼ満席でした
2㌔のチワワから、20㌔のミックスまで。4か月の柴犬パピー姉妹もいて賑やかでした。ご挨拶はしてもマイペースで過ごすモコロン。ここはおいしいものを食べる所だって心得ているものね

帰り道は駐車場まで公園の中を大回りして、散歩していたら、以前一度会ったことがある、シェルティのマリリンちゃんに会いました
パパさんとしばらく立ち話していたのに、写真を撮り忘れていました。これがボビン母のダメなところです
ミューちゃんを少し小さくしたようなマリリンちゃん、また会ったらよろしくね
22 : 47 : 07 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ご無沙汰でした、そらくんとまりんちゃん
2016 / 11 / 12 ( Sat )



今日おばあちゃんに届け物をした帰り、久しぶりに栄緑道に寄って、そらくんとまりんちゃんのママさんにメールをしました
お天気がよいからお出かけかもしれないと思ったら、すぐに来てくださいました

お久しぶりです
「モコちゃん、はじめましてだわね~
はじめましてってことは、7か月以上もご無沙汰していたことになります

ロンの快気祝いの時にお誘いしたのですが、そらくんが車酔いするので、所沢までは無理だからと欠席されました
そのそらくんが夏に千葉まで行った翌日、発熱と下痢になり、病院の先生に「何か変わったことがありましたか?」と尋ねられたそうです。長時間のドライブがかなりのストレスだったようだけれど、翌日に体に出るなんて、もうお気の毒としか言いようがありません

ママさんは、ロンの毛が黒くなって艶がよくなったと誉めてくれました。体だけ見るとトライカラーみたいだって

緑道の端の駐車場まで一緒に散歩して、写真を撮ろうとしたのですが・・いつものことながら、そらくんとまりんちゃんはちゃんとオスワリして待てるのに、躾のできていないボビン家。こんな写真しか撮れませんでした

左端がまりんちゃん。シェルティは顔で性別がだいたいわかるのだけれど、初めはボビン母は、そらくんとまりんちゃんの性別を反対だと思っていました。
「まりんは宝塚の男役」のママさんの言葉に納得。クールなまりんちゃんです。でも中身はミューちゃんとそっくり、って言ったら、わかる人にはわかりますよね

いつもいきなりの連絡ですが、会ってくださってありがとうございました
23 : 25 : 08 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
幸運に感謝
2016 / 11 / 11 ( Fri )

今日、ロンは10週ぶりに所沢のセンターに行きました

の形が気になり、先月かかりつけ病院で触診してもらったことを伝えた上で、血液と画像検査の結果、異常なしでした

このところ、お知り合いわんこ達の癌の知らせをいただいています。手術できない場所や状況等で、結果的に対処療法になることがほとんどです。

今朝は、ロンより後に卵巣癌がみつかり手術した柴犬すずちゃんのママさんに会いました。転移の可能性が低いし、14歳という年齢を考えて、術後の抗がん剤はしなかったら、4か月後に転移、余命宣告されていました。
今年中は大丈夫だと思っていたら・・つい先日亡くなったそうです

だから発生場所も癌の性質も悪いと言われたロンに再発転移がないのは、運が良かったと思っています
癌を取り残すことなく手術してくれたかかりつけ病院の先生。
ロンのに合う抗がん剤を処方してくれた所沢の先生。
所沢に行くように強くすすめてくれたむっくママさん。
みなさんのおかげで、ロンは今日も元気です
でも油断は禁物だから、10週間後に検査の予約をしました

朝は大雨で、晴れるはずの午後になっても雨でした
晴れたらロンのお迎えに、モコも連れて行こうと思ったのに、モコは一日中お留守番になりました

そうそう、ロンが元気な証拠の写真です
ベビーがいなくなってからも、おもちゃをくわえて遊ぼうと誘います。
引っ張りっこをしたいのではなく、取ろうとすると、それをスルリとかわす駆け引きを楽しんでいるロンロンです
23 : 38 : 08 | ロン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
今日のお出かけ先
2016 / 11 / 06 ( Sun )




今日は城北公園に行きました
というのは正確ではなく、公園の駐車場に車を入れて、ドッグカフェのランゾウさんでの譲渡会&バサーが目的です。
駐車場からは30分くらいかかるのですが、公園散歩できるから、天気がよければいつも連れで出かけます

ランゾウさんに着いたら、お馴染みのスタッフさんが、春のモコの姿を覚えていてくれて、その変貌ぶりに驚いていました

ワンコインで歯石取りをしてくれるというので、ロンをお願いしました。モコは春に、抜糸を含めてお手入れしたばかりですが、実のところは、歯がボロボロ過ぎて歯磨き以上にできることがありません
そして、ロンの犬歯の歯石は見事になくなりました
まだインターンとのことで、500円でやってくださり、ありがとうございました

その後はいつものコースです。こてとわがいないこてとわおかんとドッグカフェ、しあんに直行しました

春のバサーの時のように、ミューちゃんと会えたらいいなと思って昨日ママさんに連絡したら、ママさんは東京を離れていました。ミューちゃん、パパさんと良い子でお留守番できているかしら

モコロンはお散歩頑張ったし、ロンは歯石取りも頑張ったし、ボビン母が買物中はおかんと待っていてくれたし、わんこ用リゾットをご褒美にあげました

「いつものミネストローネとどっちがお好み」byボビン母
「食べられるものなら何でも、贅沢は言わないの、私」byモコ

22 : 26 : 07 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ありがとう
2016 / 11 / 04 ( Fri )




日曜から、ロンにとって平和な生活が戻りました
1日、午前中は翌日の交流会の準備をすませ、モコロンへお詫びの印に、いつものドッグカフェへ行き、公園散歩もしてきました

2日、ボビン母は地域の幼児とお母さんをお招きする交流会の為、モコロンはお留守番
3日、ボビン姉さんのベビーのお宮参りで、モコロンはまたしてもお留守番でした

モコロンの話は今日はお休みして・・夕方に届いたのが、写真の本です
フェルトの仕掛け絵本、手作りなんです

わんこのご縁からお付き合いさせていただいている方々から、ボビン姉さんのベビーにプレゼントをいただいていました
でもここで紹介するのは、何か違うかな~と思って失礼していました
ごめんなさい、もちろん、お心遣いに感謝しています

今回どうしても紹介したかったのには訳があります。送り主はAさんとさせていただきます。
つい先日ボビン母の友人が肺癌で亡くなった少し前に、Aさんの親友も肺癌で亡くなったそうです。
すっかり気落ちしている時、Aさんのご主人が単身赴任先で救急搬送されました。Aさんはご主人のもとに駆け付け、看病されました。ご安心ください。今はお仕事に復帰されているそうです。

そんな事情を知っていたので、Aさんからのプレゼントに驚きました。
アップリケと刺繍がほどこされた、心のこもった品。一針一針丁寧に作ってくださった様子を想像していたら、有り難くて涙が溢れそうになりました

「暗い気持ちになりそうな時に、ベビー誕生の大ニュース!モコちゃんの微笑ましいベビーシッターぶりに心が和みます」とお手紙にありました
ベビーとモコが、Aさんのお役に立てたとしたら、こんなうれしいことはありません

わんこが繋いでくれたご縁って、本当に素敵だと感じた日でした

22 : 08 : 05 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |