いろいろありました
2016 / 12 / 31 ( Sat )

今年も残り数時間となりましたが、ボビン母にとってはいろいろあった一年でした。

ボビン家に1年3か月もいたミューが、新年早々、里親さんが決まりました
4月に九州からやってきたモコ。ボビン家の事情に上手くマッチしていたこともあり、ボビン家の子にすることを決めた初夏
ロンの「とりあえず快気祝い」をした夏休み
お祝いに参加くださり、募金に協力してくださった方々、ありがとうございました

秋になってからは、お友達のむっくくんと、ボビン家の預かりっ子だった小夏(メロディさん)が続いて虹の橋を渡りました

ボビン母は、お友達を、2月と9月に見送りました。2人とも58歳でした
そんな中でも、ボビン姉さんにカエルさん・・赤ちゃんが誕生しました

うれしいこと、悲しいことの繰り返しが、生きていることなんだと実感した一年でした。

シェルレスの預かりは、定年?で引退しましたが、できるお手伝いは続けていきますので、来年もよろしくお願いいたします

今年も下手なブログをみてくださってありがとうございました
来年はみなさんにとっても、わんこ達にとっても、素敵なことがたくさんありますようにと願っています

P.S 写真はありあわせです。今年最後なのに、いつもの手抜きでごめんなさい
スポンサーサイト
21 : 30 : 04 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こどもとほごいぬ
2016 / 12 / 28 ( Wed )



「こどもとほごいぬ」
2017年のシェルティレスキューカレンダーのテーマです
シェルレス卒業犬と、里親さまのお子さんやお孫さんと一緒の微笑ましい写真がたくさん
好評につき増刷しましたが残り少ないようです。ご協力いただいた売上は、保護犬の医療費等に使わせていただきます

今日は、ボビン家のこどもとほごいぬの話です。
昨日、ボビン姉さんがカエルさんを連れて一泊しにやってきました
生まれてすぐの泣き声がカエルみたいだったから、ボビン母はずっとカエルさんと呼んでいます(孫を天使と呼んでいる、こてとわおかあさんとは大違い

抱っこされたカエルさんの足の裏を、ロンがペロッと舐めにいったり、モコは匂いを嗅ぎに寄って行ったりしても、カエルさんは全く平然としています
犬嫌いの子になるはずはないけど、アレルギーじゃなさそうで安心しました

生まれた子がアレルギーだからと、放棄されたケースが結構多いんですよ。そういう場合、親戚に引き受けてもらうとか、自身で信頼できる里親さんを見つけるとか、考えられないのかなぁ、って思います。だって、子供が生まれるまでは、わんこは家族だったはずだもの。

ボビン家の話に戻します。
今日もモコはカエルさんのオムツ交換の時に寄って来ました。そうです、してました
やっぱりモコは、長い間おかあさんやっていたから、身についているんですね

ひ孫に会いたいおばあちゃんまで泊まったから賑やかだったけど、今はいつものボビン家に戻りました

最後の切り絵の写真、とっても繊細で素敵です。クリックしてご覧ください
先日、メロディさんの切り絵を中継してメロディママさんにお届けしたら、ボビン母にもエルさんは切り絵を送ってくださいました
シェルティを切り絵にするのは難しいそうです。
シェルティでなくても充分素敵
今は暫定的に、4わんこの祭壇の上に飾らせてもらっています
22 : 08 : 08 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サイレント・ナイト
2016 / 12 / 24 ( Sat )




昨日、モコロンはショコラさんでシャンプーをしてもらいました
トナカイはロン、って思い込んでいたけど、モコのトナカイの方が似合ってるみたい
リアルぬいぐるみも、おまけの1枚で参加しています

クリスマスツリーとタペストリーを飾っての写真にしたかったのに、ボビン姉さんが大人になって飾らなくなり、久しぶりに探したら行方不明です
物が勝手にかくれんぼするわけないから、つまりはボビン母の記憶が行方不明なんですね

今日はクリスマス・イブ
みなさんはご家族揃ってお過ごしでしょうか?
ボビン家はボビン父さんが飲み会に行ったおかげ(?)で、ボビン母とモコロンはゆったり気楽な時間を過ごしています

毎年この時期に想うのはシェリーちゃんのこと。
お店の前の大きなクリスマスツリーを見かけた時、3年前のミー&ブーちゃんのママさんのブログにあったクリスマスツリーの写真を思い出しました
今頃シェリー星は、大きなクリスマスツリーのてっぺんに降りてきて、キラキラ輝いているに違いありません

ついさっき、なつ(ななちゃん)のママさんから、素敵な動画が送られて来ました。毎年クリスマスイブには、スマホにクリスマスの動画を送ってくださるんですよ

そんなこともあって、ボビン母にはクリスマスはお星さまになった子を偲ぶ日でもあるんです

22 : 04 : 09 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
概ね良好
2016 / 12 / 21 ( Wed )




今日の写真は、それぞれ別の日のものです

ロンの傍にモコが近づくと、ロンはスタスタと移動して、モコとは距離を置いていましたが、このところ、ロンが逃げ出すことが少なくなりました

だからといって、マリの時のように並んで寝ることはないし、なつとおもちゃを引っ張りっこをして遊ぶ光景は、今だ見られません。
それでも良しとしましょう
ロンは渋々ながらも、モコのことを受け入れたのだと、ボビン母は解釈しています。

ただ面白いのは、モコが寝ているすぐ脇をロンが通ると、モコが上半身を起こして「ワン」と怒っている様子を2度目撃しました
ご機嫌ななめな時なのでしょうが、怒られたロンはびっくりして小走りに逃げ出しました
預かりをしてわかったことは、優しく見えた子でも、芯は女の子の方が強い。それともロンが弱いのかしら

月曜夕方の散歩を兼ねて、ワクチン接種のため、いつもの病院に行きました

モコはレスキュー直後の4月に、ワクチンを打っているのは確実なのですが、証明書が見当たりません
このことは、同時に送られた、セーラママさん預かりのりぼんちゃんの問い合わせでわかったことです。
セーラママさんと相談し、「8か月経過しているから改めて接種しましょう」ということになり、ちょうどロンのタイミングに合わせての注射となりました

看護師さんからフードをもらっている間に、先生がお尻にチクり
食べることに集中して、注射されたことに気づかないモコでした
病院では絶対に食べないロン、注射にも抵抗しません
そのあとから定期の触診もしてもらいました。今回も「異常無し
本当にありがたいことです

先生からも「モコは楽天家でマイペース。ロンは神経質で、いつも何か考えてるよね。」と言われました。
対照的だから、なんとか上手く折り合いをつけられるのでしょうか・・。
モコロン、体調も関係性も、概ね良好です
22 : 51 : 07 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
シェルティを探せ
2016 / 12 / 17 ( Sat )



昨日も今日も朝の冷え込みが厳しく、こんな朝は散歩の出足が鈍り、「モコロン、お待たせしました~」と言って出発します
畑の霜柱が10㌢程になっているのを見ては、また寒さを感じるけど、去年に比べてフサフサのロンと、予想外にモコモコになったモコには、これくらいが快適のようで、結構ルンルンに歩いています

いつもの朝のコース、涌き水公園は、コナラや梅、桜などの落葉広葉樹が多いので、ベンチ付近はスカスカになりました

この公園が折り返し地点みたいなものだから、ここからは「おうちに帰って、ごはんごはん」って話かけながら帰り道を急ぐのは、いつもの習慣です。

先日からの「シェルティを探せ」はまだ続いています。
余談ですが、この「シェルティを探せ」の語感で、「アイドルを探せ」「ウォーリーを探せ」を思い出しました

で、その後の話です。
ボビン姉さんの家に行ったついでに探すつもりが、そもそもお目当てのコンビニが無くて不戦負。その翌日は6連敗でした
だから、ボビン母の「シェルティ大を探せ」はまだしばらく続きます

ボビン姉さんが、披露宴のウェルカムボードに使ったシェルティが、姉さんの家にいた(あった?)のを思い出したので、写真を撮ってきました
もちろん、コンビニ出身ではありませんよ
22 : 28 : 05 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
家族みたい
2016 / 12 / 13 ( Tue )



「今年の某コンビニのリアルドッグコレクションに、シェルティがあるみたいです」とミー&ブーちゃんのママさんが知らせてくれました

調べてみたら、とってもプリティ
ということで、4軒目でようやく小さい方だけ見つけてゲットしました

ボケボケ写真ですみません
こうして並ぶと家族みたいでしょ?
ロンは迷惑そうな顔をしていますが、お母さんのモコに毛色がそっくりのぬいぐるみはパピーみたい
でも、何だかモコの方が巨大なぬいぐるみにも思えます

明日も大きい方を探しに行こう、っと

ミー&ブーちゃんのママさん、夜にメールくださいましたが、まだ見つけられないようです。教えていただいた私の方が、先にゲットして申し訳ありません
置いてあるお店の方が少ないのがわかったから、見つけたらラッキーです
今「大小ゲット」のメールきました

家族といえば・・・
今年のシェルレスカレンダーは「こどもとほごいぬ」
シェルレス卒業犬と、ご家族のお子様と一緒の、微笑ましい写真がいっぱいです
申し込み要領はシェルレスのホームページやブログをご覧ください。
売上は保護犬の医療費等に使わせていただきます
22 : 01 : 11 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
モコの再検査
2016 / 12 / 09 ( Fri )

先日のわんわんドックで、赤血球が少なく再検査をすることになったモコ。
今日も朝ごはん抜きで病院です

いつもは散歩の後、8時頃にごはんだから、今日は「ごはんまだ~?」って顔をして落ち着かないモコロン
9時過ぎてモコをリビングから出して、留守番のロンにだけごはんを置いて部屋を出ました。
ごはんより、置いて行かれることに神経を尖らすロンだけど、今日は待たされて空腹だったせいか、いつもより諦めがよかった

さて、肝心なモコの検査の話です。
前回は外注でしたが、今回は院内検査だから、採血の後20分程待合室にいた時の写真です

問題の赤血球とヘマトクリットですが、今回はギリギリ正常値の範囲内でした。
ただし総蛋白が高めで、脱水気味のようです。
脱水気味だから血液が濃くなっていることも考えられるから、またお正月明けに検査することになりました。
顕微鏡で見た赤血球は、とても綺麗でした

食事とかサプリの相談をしたところ、特別なことは必要ないと言われました。
「もしかしたら、この子の体質かもしれない。生まれてからずっと、こういうギリギリの数字で来ているのかもしれないから、様子を見ましょう。」
数値だけで判断しないところが信頼できる先生です。
そして、里親だと体質とか病歴、治療歴がわからないということを改めて認識した次第です

それでも可愛いからいいもんね、モコチ
採血の時もじっとしていて「モコはいい子だねぇ」って先生に誉められました

家に帰ってすぐごはん。モコの消化器系は優秀です。だって、極めて快食快○ですもの
23 : 17 : 18 | モコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
題がつけられない
2016 / 12 / 06 ( Tue )


土曜の夜と月曜の昼、モコロンに長時間のお留守番してもらいました
午前中は穏やかな天気だったので、モコロンのご機嫌取りにいつもの航空公園へ

モコが前回ドッグランを楽しんでくれたから、今日もランに・・と思ったけれど、午前中のランは大型犬が多く、今回もスルーして公園内を散歩しました
舗装道路以外は落ち葉が地面を覆っていて、サクサク音がして踏み心地良好

お腹が空いたからいつものドッグカフェです
いつもはロンの先導だけど、今日お店の入口に向かうスロープを先に上り始めたのはモコでした

モコロンがいつものささみ入りミネストローネを食べているうちに、外の風がかなり強くなってきました
やっぱり天気予報は当たりましたね

寒がりのボビン母、もう少しゆっくりしたかったけど、更に気温が下がる前に、再度ドッグランへ行きました。でも10分でギブアップ
写真撮るのも忘れていました

実はドッグカフェにいる時、モコロンの掛かり付けの先生から電話がありました
先日のわんわんドッグの血液検査で、貧血気味の結果が出たので、再検査することになりました。
貧血の原因は寄生虫?腎臓?心臓?免疫異常?
今週中に再検査に行きます

貧血を治せたらいいな、と思って、カフェでレトルトの馬肉を買ってきました
早速、晩御飯にトッピング。これで少し改善すると良いのだけど。
レバーがベストらしいのですが、ボビン母は自分が食べるのでなくても、レバーは「ごめんなさい
22 : 35 : 08 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エルさんからメロディさんへ
2016 / 12 / 02 ( Fri )

昨日、ボビン母のもとに届いた切り絵。送り主はエルさんです。
メロディさんの里親さまに渡して欲しいと、お手紙に書かれていました
確かに、細面で、優しいけどちょっと寂しげな目元・・メロディさんに良く似ています。写真をクリックしてご覧ください

少し前、エルさんとのメールのやり取りで、最近切り絵を始めたとのことでしたから「先生は、あの高校生ですか?」とお尋ねしたら、答えはYesでした

エルさんは毎年夏に、不登校のお子さんが通う適応教室の生徒、卒業生、保護者と一緒に、詩画展を開いています

以前エルさんのブログで、ずば抜けて素敵な切り絵を見つけました。その作者は、中学時代は人と目を合わせることができなかったのに、今では誰とでも話せる、笑顔が素敵な女の子になって、デザインの専門学校に進学が決まったそうです。
「好きなことがあると、人は自信を取り戻せるのだな」ってエルさんはその子を見ているとそう思うって。

その詩画展は、子供たちの絵とエルさんの文のコラボで、名前は、F-me=エフミ。
適応教室の名前が「みらい」。みらいと私=future & me。だからエフミ
「F-me~心の音を届けます」で作品をご覧ください

「まだまだ見せられるような作品ではないのでお恥ずかしいですが、もう少し腕が上がったら再チャレンジします!とお伝えください。ただシェルティって切り絵にするには難しい題材だなぁ~と思っています」byエルさん。
いえ、エルさんのお気持ちはメロディさんの里親さまに、必ず伝わりますとも

ロンの前の子ディランを、保健所から引き出してくださったのがエルさんです。ボビン母がお会いしたのは一度だけ。
メロディさんの里親さまとは、もちろん、直接の繋がりはありません。これも、わんこの繋ぐご縁ですね

エルさんの切り絵と真心、明日にはメロディさんに届くはずです
21 : 37 : 08 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |