DIC(播種性血管内凝固症候群)
2017 / 01 / 29 ( Sun )
チャーリーの命を奪ったDICについて、手短に説明させてください。

基礎疾患に誘発され、細い血管内に小さな血栓ができる状態がDICです。
血栓を作ることで、血小板や血漿中の凝固因子が消費されるため、血小板や血漿の数値が低下し、出血しやすくなります。
血管内にできた血栓は、臓器の機能を妨げることになります。
その原因は犬の場合、子宮蓄膿症、悪性腫瘍、感染症、急性膵炎、手術、等です。

チャーリーの場合はアレルギーで免疫力が低下していたところに、大きな手術によってDICが発症。腎臓が影響を受けて、急性腎不全になったと思われます。

5年前の2月、シェルレスで保護したマリをDICで亡くしています。子宮蓄膿症といくつかの腫瘍切除手術からの発症でした。
マリを預かっていたのはボビン母です。
そのことがあってから、子宮蓄膿症で緊急手術をする場合は、先生にDICのことを念押しし、お願いしてきました。
一番DICの事が身に染みていたのは、代表とボビン母です。
5年経ったからといって、決して忘れたわけではありません。

5年間にシェルレスでは、子宮蓄膿症の子も悪性腫瘍の子も手術を受けています。
うちのロンも直腸癌の手術を無事に終えています。

チャーリーの手術前の検査では、手術を躊躇う数値はありませんでした。
アレルギーも把握してくれていたから、手術そのものは成功し、翌日は元気でした。
DICの発症が考えられた際の病院の対応も、素早いものでした。

それなのにこの結果になってしまいました。
「チャーリーは不運だった」で終わらせるつもりはありません。それでは、チャーリーにも皆さまにも申し訳なさすぎます。
今考えられることは、DICの発症のリスクをもっと確認し、手術に対して慎重であるべきだったということです。
発症の原因はいくらでもあるから、手術が必要な場合は今迄以上に慎重を期するべきだと、チャーリーが身を呈して教えてくれたのだと思います。

こんな短い言葉ではすまないのはわかっているけど・・ごめんなさい、チャーリー
スポンサーサイト
21 : 03 : 08 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
チャーリーの病状と治療の経緯
2017 / 01 / 27 ( Fri )

みなさまからご支援をいただいていたチャーリーだから、きちんと経過報告をするのがボビン母の務めだと思いました。

術後3日目の発熱は、抗生剤を変えたことで、翌日には下がりました。
しかし、血小板の減少が著しく、腎機能が低下していたため、輸血することにしました。
この時点でDIC(播種性血管内凝固症候群)になりかけていることが考えられ、DICには効果があるヘパリンの投与も行いました。
輸血することで血小板が増えて、腎機能の回復を期待していました。
輸血と同時に強心剤利尿剤も入れた点滴も行い、排尿を促しています。
夜8時の時点では、輸血中のチャーリーの表情は悪くありません。

翌朝10時、血小板は増えたものの、腎機能を測る尿素窒素とクレアチニンの数値は更に悪化していました。
血漿に働きかけるヘパリンは血栓を作りにくくする効果があるのですが、血漿も少なくなっていたため、効果がなかったそうです。

面会を終えましたが、近くでむっくママと待機していた1時頃、病院から電話があり、駆け付けると心臓マッサージの最中でしたが、間もなく心電図は全てゼロに・・。

以上が手術4日後からの、チャーリーの病状と治療報告です。

脚が曲がっていても命に別状がないのだから、手術をしなければ・・と思う方はいらして当然です。
むっくママも代表も、今そういう思いと葛藤して苦しんでいるのでは・・と勝手に思っています。

「むっくが死んだ時、むっくの足が4本あったらもう少し生きられた、って言われて、むっくの足が初めて3本なのを意識したの。今まで気づいてあげなかったけど、前足が1本しかないのって、むっくにとっては大変なことだったのよね」
チャーリーの脚が治るなら治してあげたい。犬にとっての前足がどれほど重要か、誰よりも痛感していたのはむっくママでしたから。
21 : 25 : 07 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
ごめんなさい
2017 / 01 / 26 ( Thu )
お伝えしたくないけど、やはりお伝えしなければならないでしょう。

チャーリーは脚の手術後DICを併発し、腎不全で、今日午後1時半に息を引き取りました。

みなさまから幸せを期待されていたのに、チャーリーにみなさまに、ごめんなさいという言葉しかみつかりません。
また改めてお伝えさせてください。
22 : 22 : 04 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
カエルさんへのプレゼント
2017 / 01 / 25 ( Wed )



ポストに届いた大きな袋を開けたら、こんな素敵な物が入っていました
送り主はテクさん。だから、モコロン用かと思ったのですが、スタイの裏のアップリケ。あっ、ボビン姉さんのカエルさんへのプレゼントだ

よかったら写真をクリックしてご覧ください
スタイの表裏がわかるようにお見せしましたが、裏はどちらにもカエルさんのアップリケ

以前ボビン家にあった布を送ったものを使ってくださって、ボビン姉さんも喜ぶでしょう。あれは、姉さんが中高生の時に、ボビン母が作った体育着入れの余り布なんです
わざありだと感心したのは、くるみボタンにクマの顔をきちんと持ってきたところ。裏地はベビー柄の布を使っていました

そして、シェルティ模様の刺繍がほどこされたピンクのタオルハンカチ。テクさんはボビン母にと言ってくださいましたが、せっかくだから、これもカエルさんに使ってもらいます

テクさんの優しい気持ちのこもったプレゼント、ありがとうございました

それにしてもテクさんって、保護犬のためにフリマ品をたくさん作っているし、あちこちに出没しているし、いつ寝ているのでしょうか?
ミ-&ブーちゃんのママさんと、テクさんは、絶対にどこでもドアを持っているに違いない、と信じています

せっかくだから、今日のおまけのモコロン
ロンはおバカスイッチが入ると、ミー&ブーちゃんのママさんからいただいたカラフルなおもちゃを振り回す。くわえやすいのでしょう
モコは3年前にエルさんからいただいて、今は原型を留めていないおもちゃの、なぜかその片側の縄の方だけを一心不乱にカミカミするのがお気に入りなんです
23 : 09 : 13 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
チャーリー術後3日目
2017 / 01 / 24 ( Tue )

夕方、むっくママと待ち合わせて、チャーリーの面会に行きました
まるチェリーメイちゃんの母さまも、チャーリーのことを気にかけてくれて、先に病院で待っていてくれました。まるチェリーメイちゃんのかかりつけ病院もここです

脚の回復は順調のようで、足先の腫れは少しひいていて、触っても痛がる様子はありません

ただやはり大きな手術のダメージは大きく、昨日から39℃の熱が出ていました。骨の手術をすると3日後くらいに、発熱することは珍しくないようですが、食欲が無く強制給餌をしているそうです
消炎鎮痛剤の副作用で腎臓の数値が少し上がりました
血小板は減少していました
一箇所悪くなると、連鎖して崩れるという、生き物の体は本当に微妙にできているんですね。だから、逆を考えると、熱さえ下がれば少しずつ戻るはずです

院長から説明を受けて、みんな多少なりとも動揺しましたが、シェルレスに報告したら、代表の言葉はさすがでした
「骨を切ったから骨髄を切ったわけで、熱が出たり血小板の減少もあるはずです。信じて待ちます」
代表にはこの状態は想定内だったわけです
心強い言葉をもらって、むっくママに早速伝えました

予定した日曜には退院はできませんが、必ず回復しますので応援してくださいね
元気は今一つ足りなかったけど、チャーリーはママさんの顔を見て、自分で立とうとしました。院長が少しだけサポートしたら、ちゃんと立ったんですよ

今日のチャーリーです。うれしくて、立っている写真を取り忘れました
22 : 41 : 08 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チャーリーの手術
2017 / 01 / 22 ( Sun )



チャーリーは昨日の夕方に脚の手術をし、夜に「無事終了」の連絡が入りました
夜遅くなったので、むっくママもボビン母も、術後の面会は今日になりました。

骨折を長い間放置していたから、曲がってついてしまった骨をまた切って繋げる手術で、サイラスのボルトを入れるよりも大掛かりです。
中にボルトを入れるだけでは不十分ということで、外側に補助する形で器具を装着しています。
この方法は、昨日チャーリーを預ける際に、むっくママが院長から聞いていました。

今日のチャーリーです
左足がかなり太いのは、補助器具ごと包帯で巻いているため。これを外すのは3か月先になります。
元々アレルギーのせいで、胸からお腹は毛がないのだけれど、手術のために更に剃ってしまったから、とても痛々しい

でも手術後12時間しか経っていないのに、元気でした
最初は看護師さんの手からフードを食べていたのですが、そのうち自分でフードボールに顔を入れて食べ始めました。
食欲は元気のバロメータだから、この分だと回復は早いかもしれません
退院は来週の日曜。その時までに歩けるようになっているはずです

サイラスは骨折を治療してから里親さまにお渡ししましたが、チャーリーに関しては、1月8日「チャーリーです」に書いた事情で、先に里親になるむっくママにお渡ししました。
とはいえ、治療が終わっていないチャーリーの脚、治療費はシェルレスが負担いたします

治療費がかかる子を引き受けて、充分な医療をかけられるのは、皆さまのご支援のおかげだと、こういう場面に直面する度、改めてありがたいと痛感しています

ついでと言っては恐縮ですが・・。
2017年のカレンダーが好評で増刷しました。そのため、まだ少し在庫があります。
ご支援いただいた分は大切に使わせていただきますので、更なるご協力をいただけたら幸いです
17 : 35 : 10 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
おかげさまで
2017 / 01 / 20 ( Fri )


寒かったですね~
雪にならなかっただけ、儲けものだと思って過ごしました

今日は所沢のセンターに、ロンの検査に行きました
朝ロンを預け、夕方迎えに行ったのですが、いつものことながら、結果を見るまではドキドキでした

胸部X線、腹部X線、腹部超音波検査の結果、「直腸腺癌の再発および転移の徴候は認められません。引き続き経過観察を行ってください。」でした

このところ、周りのわんこ達の癌のつらい話が多いので、申し訳なくも、無事に過ごせていることが、本当に有り難く思えます
担当の先生には「以前より元気そうですね」と言われ、10週後の予約を入れて帰って来ました

発生場所が発見しやすかったことや、手術が上手だった、抗がん剤が適切だった等、幸運な要因が重なったのだと思いますが、癌になっても上手くいったサンプルになれるように、これからも油断せずに観察を怠らずに過ごしていきます

待ち合い室でもご機嫌なロンです
最近のモコロンは、以前より近くで寝ることが多くなりました
ごく普通に暮らせる毎日は、決して当たり前のことではないのだと。
無事に生きていることって、幸運の積み重ねなんでしょうね・・とか、しみじみ感じる昨今です

22 : 21 : 10 | ロン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
珍しいカラー
2017 / 01 / 18 ( Wed )



今日、航空公園で初めて会ったお友達です。
お名前は、ちびたくん。3月で2歳。名前はちびたでも、15㌔だからチビではなく、むしろ大きめのシェルティです

遠くからの後ろ姿は、シェルティだと思いませんでした。
若いママさんが、モコロンを見て「シェルティだ」って言うのを聞いて、近くに寄っていったら、そのわんこは紛れも無くシェルティ

お顔はトライだけど、首から下は真っ白です。
興味津々で、ちびたくんの両親のことを尋ねたら、予想通り、トライ×ブルーマールでした。
それにしても、真っ白なわんこがお面を被ってるみたい
歳は違っても、モコロンと同じで、わんことは遊べないし、ちょっとビビりのようでした。

長くじっとしていたら、やっぱり足元から冷えてくるので、みんな退散です
また会えるかな

モコロンが航空公園に行く時は、ドックカフェが一番のお楽しみのようで、モコもカフェまでの道順を覚えてしまいました
00 : 01 : 09 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チャーリーの通院
2017 / 01 / 14 ( Sat )


今日はチャーリーの通院日です
この1週間、むっく家での生活ぶりにと、体調を観察してもらっていました

日常生活は、先住のさくらちゃんすみれちゃんとの関係も含めて、全く問題ないようです
トイレもシートまで行ってするから、外れることは多いけど、そのうち慣れるでしょう。
ふたママが合うフードを見つけてくれたから、は良好です
ただし、痒みは時々我慢できず、首回りに軽い炎症が起きていました

以上を院長に報告し、優先順位を決めて治療に入ることにしました。

骨折治療のための手術は、来週21日に決まりました。院長の友人で、大学病院の整形外科の先生が、一緒に手術してくださる段取りがすでに決まっていました
チャーリーはなんてラッキーな子なんでしょう
院長の技術を信頼してお任せするのに、その上専門医の力をお借りできるんです。その大学病院って、セーラママの颯太くんが骨折の大変な手術をした病院なんですよ

手術前はできるだけ薬を避けたいこともあり、アレルギー治療は、手術後落ち着いてからになりました。
その代わり、痒みと炎症を押さえるスプレーを使うことにしました。これなら飲み薬よりも、体内に与える影響は少ないとのことです

写真上は、病院の外のベンチで。
下は、むっく家に戻ってからのチャーリー。
ママさん「生活を始める前はたくさん心配ありましたが、何だか何かに導かれるようにトントンと進んでいきます。本当に感謝しています。むっくが応援してくれていますね
ボビン母「これもむっくくんのお導き。やっぱりむっくくんは、ただ者ではなかった

そうむっく大明神でしたもの
むっくくん、チャーリーのことを見て見守っていてくださいね
22 : 39 : 04 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
ミューちゃんはやっぱりミューちゃん
2017 / 01 / 13 ( Fri )


ミューちゃんがトライアルに行ったのは、去年の1月16日。ミューちゃんのママさんから、お便りをいただきました

早いもので、ミューとお見合いし1年が過ぎてしまいました。お見合いの日、ミューがお部屋探検を始めたこと、よく覚えています

ミューはすっかりうちの子になっています
ワンワンよく喋る、噛む、引っ張る、振り回す、甘える、いじける、睨む、本当に表情豊かなじゃじゃ馬娘、かわいいかわいいは最強です
ホント、何しても許されるかわいい子なのです。お陰様で楽しく賑やかにしております

予防接種のときに、体重が増えてきたようなので、これ以上太らないようにと、念押しされました
しあわせ太りでしょうか?ウエストなんか細くなって痩せたと思ったのですが、獣医さんに行くと体重が前回より増えているのです
最近はキャベツをたくさん食べてます

お散歩も朝晩はパパと昼間は私とと、3回行って、楽しくワンワンしてます
トイレの場所、空気読まない子なので困ります信号渡っている横断歩道の真ん中で始めたこともあり……そこは、かわいくても許されないよ、ミュー!ママは恥ずかしかった!です

お手おかわりもやっと覚えて、ボール遊びを勉強中です
階段もなんとか上手に登り降りできるようになりました
犬風の指しゃぶりは相変わらずです

あっという間の1年でした。この先もミューと仲良く信頼関係を築いていきたいと思います。元気に過ごせるように
ありがとうございました

写真①新しいお帽子は気に入らない
写真②新しいマットはいいね
前のマットは噛み壊しました

ミューちゃん、ちっとも変わらなくて、うれしくもあり・申し訳なくもあり・
でも、欠点も含めてかわいいと言ってくださる里親さまに巡り会えたことが、何よりの幸せです

これからもどうかよろしくお願いいたします
22 : 06 : 04 | ミュー(ミューちゃん) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チャーリー通信 ①
2017 / 01 / 11 ( Wed )

昨日の夜遅くに、むっくママさんからメールをいただきました

今日は研修のため、いつもより早く、朝7時に家を出てしまいました。夕方6時半に帰宅するまで、チャーリー達はフリーで過ごしましたが、何も問題はありませんでした

朝早かったから散歩無しでしたが、見ている時にシートでシッコとをしてくれました

今のところ、チャーリーは本当に良い子で助かっています
以前からずっと家にいたようです

さすが、むっくが私に託してくれただけのことはあります

むっくママさんのお仕事は、普段はこんなに早く出かけるわけではありません。
それと、トライアル中のお留守番は、原則としてクレートインなのですが、むっく家のわんこ事情を知っているボビン母としては、安心してお任せしています
というのは、先住のすみれちゃんはテリアで、とても活発で食いしん坊なんです
ガス台に飛び乗り、上にあった鍋の蓋を開けて、カレーを食べてしまったり、薬を入れた缶の蓋がゆるかったから、薬を大量にボリボリ・・その度にママは慌てて病院に行った、という武勇伝を聞いていました
だから、そんなすみれちゃん対策はしっかり行っているママさんです
おとなしいチャーリーなら、間違ってもすみれちゃんを越える悪戯はできないでしょう。
ボビン家一泊の時も、大丈夫だと思ったから、モコと一緒にフリーでリビングに置いていました。ただし、台所には入れないようにしましたけどね

というわけで、むっくママさんに代わって、時々チャーリーの様子をお伝えします

そうそう、モコロンは今日も元気で過ごしています
21 : 58 : 08 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チャーリーです
2017 / 01 / 08 ( Sun )





昨日「その話は、また明日ね」とか、もったいつけてすみません

では、その続きです。
写真の子は、チャーリーです
預かっていた東北のふたママから、よもなず家が東北自動車道でバトンタッチし、埼玉県まで運んでくれて、ボビン家で一泊しました。
最初の写真は、ちょっと不安げな表情です。モコが優しくしてくれたけど、不安なのは当然ですよね

朝、里親さんと待ち合わせ場所の病院に向かって出発しました
そこで待っていてくれたのは・・むっくママです
そう、チャーリーはむっくママの子になります(まだトライアル期間中ですが)

チャーリーはこんなにかわいいから、ご希望者は他にも出ていたのですが、アレルギーが酷く、食べられるフードをふたママが探してくれていていました。
アレルギーのせいか、大きく脱毛している部分が痛々しい
左の前脚は、骨折を放置したままだったから、曲がっていました。

むっくママがチャーリーを希望した理由に「脚を治してあげたい」がありました。
むっくママのかかりつけ病院は、むっくの断脚、サイラスの骨折を治療した病院です
シェルレスの保護犬だったむっくが、3本脚になって通院中、たまたま病院でむっくを見かけたママさんが里親に名乗り出た・・むっくとママさんの出会いです

通院先も里親としても、全く心配がない条件が整って、雪深くなる前にお引越しが決まりました

むっくママと対面したチャーリー、少し表情が和らいでいます
ボビン母も診察に立ち会って、院長と今後の相談をしてきました。
チャーリーの治療について、はっきりしたらまたお知らせします

ママのお家に着いてからの写真が、下の2つ
「自分で家に上がり、自らリビングに入って、お布団に上がりました。」
チャーリーも、むっくママのお家を自分の家と決めたようです
先住のさくらちゃんすみれちゃん、チャーリーをよろしくお願いします
21 : 23 : 06 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
甥っ子の結婚式
2017 / 01 / 07 ( Sat )





今日は目黒まで、甥っ子の結婚式に行ってきました
駅から5分とは思えない閑静な住宅街。その中にオシャレな結婚式場がありました

甥っ子の晴れ姿を見る喜びはもちろんですが、出席者が豪華なので、すっかりミーハー気分で、この日を楽しみにしていました
だってかなり有名なJリーガーが、何人も出席してくれるのがわかっていましたから

チャペルでの挙式の時から、ボビン母達の後ろには、知ってるJリーガーがずらりと並んで座っていましたよ

ここは室内だけでなく、庭を使った演出もありました。雨が降らなくてよかった
お嫁さんには何度かお会いしています。せっかくの美人さんなのに、顔をお見せできなくて残念です

93になるおばあちゃんは、以前ずっと浦和レッズにいて、今はアルビレックス新潟の選手の、浦和からのファンで、お願いして写真を一緒に撮ってもらいました
良い冥途の土産が出来た()と、本人以上に身内は大変喜んでおります

座席の都合で、ボビン姉さんとつんつんだけ、Jリーガーテーブルに座ることになりました。
会話することはなかったようですが、内輪の話に耳を傾けていて、楽しかったようです

新婦からご両親への手紙は、涙なみだでした
そうそう、つんつんとボビン姉さんの結婚式は、だ~れも泣かなかったんですよ

若い二人の門出を祝う話はここまでにして・・。
今日、ボビン母には重要な任務がありました
家に戻ってすぐに、シェルレスのわんこを迎えに行きました
遠距離移動で疲れたのか、モコの横で寝ています。
明日お届けに行きます
その話は、また明日ね
23 : 08 : 07 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
ワンデーおうちショップにお邪魔しました
2017 / 01 / 03 ( Tue )





bebe teku 「ワンデーおうちショップ わんこだけに・・」にお邪魔しました
今日一日だけ、テクさんのお家で手作りの小物を販売し、その売り上げの6割を保護団体に寄付するという趣旨です。
いただいたチラシです、クリックしてご覧ください

お店のお客様には、ベベキャンちゃんのおばあちゃまのお友達もいらして、テクさんの作った大きなバッグをお買い上げでした

お買い物もですが、今日のもう一つのお楽しみが、続く写真です
ベベちゃんキャンちゃんは当然ですが、ミーちゃんブーちゃん、香ちゃん颯太くんルゥちゃんにモコロン
デッキでワラワラさせていただきました
おやつには群がっても喧嘩することもなく、他のお客様からは「みんなおとなしいわね~」って褒められました

個人で保護活動されているしじみ母さまは、わんこなしでいらしっしゃいました
以前に、亡くなったレオンくんのママさんは、テクさんを通じてフード類をたくさん寄付してくださったのですが、今回さくらちゃんのママさんとなっていらっしゃいました。お礼を直接言うことができてよかった

レオミクママさん、ポッチママさんはテクさんのお手伝いで、売り子さんとお食事係で大活躍でした
おいしいカレーライスをごちそうになったんですよ

最後の写真は、今日のおうちショップで購入できた品です。大きなトートバッグと、シェルティ刺繍されたひざかけとポーチ
左のシェルティはおまけ。ミーちゃんとブーちゃんのママさんから、例のリアルぬいぐるみをいただきました

新年早々お忙しい思いをされたテクさんとパパさん、おかげで素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました

今年も春から縁起がいいわいなぁ~
22 : 06 : 10 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
今年もよろしくお願いします
2017 / 01 / 01 ( Sun )


明けましておめでとうございます
今年もモコロンをよろしくお願いいたします

今朝はとてもきれいな青空が広がっていました。新しい年の幕開けに相応しい晴天です
モコロンといつもの涌き水公園で

午後に近くの神社に行ってみたら長蛇の列で、改めて出直すことにしました。地元の人しか来ないと思える小さな神社ですが、初詣の人が年々増加しているようです
これって、単に人口が増えたからなのか、伝統やしきたりを大切にする人が増えたのか、イベントに参加する気分なのか・・

そして夕方の散歩を兼ねて再度行ってみたら、今度は10分待ちくらいの列でした。
ボビン父さんとモコロンも一緒に並んだのですが、すぐ前にいたのが家族らしき5人とヨーキー。
そのヨーキーがとにかくうるさい、というかあれは絶対にアルファーシンドロームに違いありません。抱っこされているのに、家族が触ろうとすると、吠えて咬みつかんばかりに飛び掛かる・・これの繰り返しでした

他にもたくさんわんこ連れはいたけど、みんなおとなしく並んでいました。神社の参拝だから、ただでさえ迷惑をかけないように気を使っているのに、自分の犬をコントロールできないなら、連れて来ないでほしい

お参りをすませてから、鳥居の脇で
ボビン母は「モコロンの健康とカエルさんの健やかな成長」をお願いしたけど、おさい銭が105円じゃ無理かしら

今日の天気のように、今年一年みんなが穏やかに過ごせますように
22 : 37 : 10 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |