今日は・・
2013 / 02 / 07 ( Thu )



今日は長くなりますが、よろしければお付き合いください

なつの尿検査に病院に行きました。今日もロンは付き添いです
腎臓が回復しているとも、ないとも結論は出ませんでした。そのため、また2週間後に検査をすることにしました。

でも、先生のお話の様子では希望が持てそうです
なつは膣炎になっていて、その菌のせいでこの結果が出たことが充分に考えられるそうです。
そういえば、ボビンに来てすぐの検診でも膣炎になっていました。

なつの身体そのものは、極めて頑丈なのだけれど、皮膚炎を起こし易いようです。もっと免疫力を つけた方がよさそうですね。


そして、グリュメルロコママさんからマリに、綺麗なお花をいただきました
ご存知の方も多いと思いますが、去年の2月7日、マリは子宮蓄膿症が元で播種性血管内凝固症候群=DICになり、虹の橋を渡りました

マリのことがあって、子宮蓄膿症の手術の時は、先生にDICの事を伝え、念押しをするようにしました。
それでも、今回はなつのような事が起きました。
ですから、マリの事、なつの事は、これから手術を受ける達みんなが、教訓にしてもらえたら、幸せには辿り着けなかったけど、マリは報われると思います
もしかしたら、なつのビンチの時、マリが力を与えてくれたから、無事生還できたのでしょう。

下の写真がマリです。お預かりブログを始めていなかったから、マリをみなさんに紹介できなかったことを後悔しています。こんな拙いブログでも、一応様子はお伝えできたでしょうから・・。

グリュメルロコママさん、マリの命日を忘れずににいてくださり、綺麗なお花までお送りくださってありがとうございました
今マリはボビン家の子になって、ロビン、ボブ、ディランと一緒にいます
スポンサーサイト
21 : 05 : 49 | 虹の橋を渡った子 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<シェリーちゃんからマリへ | ホーム | なつは現金なやつ>>
コメント
----

まさかこんなことになるなんて思ってなかったからマリには一度も会えないままでした・・・
健康な体にメスを入れたり 特に男性は去勢手術は「可哀想」と言う人が多いけど
女の子は子宮蓄膿症 男の子は前立腺肥大など
かなりの確率でかかるので
元気な若いうちに手術をお勧めします!!
以前も避妊手術を受けていなかった子が子宮蓄膿症になり命を危険にさらし
飼い主様は手術・入院・その後の治療などなどで30万円以上の出費を課せられました
獣医さんの中には避妊去勢に反対される方も多いようですが
家族を危険にさらし 金銭的にも大変ことになる前に手術を受けて欲しいですね
マリが命をかけて教えてくれたことですから・・・
by: 小鉄&斗和 * 2013/02/08 08:08 * URL [ 編集 ] | page top
----

早いですね、もう1年が経つなんて。
マリはきっとなつちゃんのことをお空から応援してくれていたのでしょうね。

マリの犬生は大変だったのかもしれませんが、ボビン家の子になれてよかったね。
お空では楽しくみんなと走っているのかな。
by: れセ香母 * 2013/02/08 19:20 * URL [ 編集 ] | page top
--こてとわおかんさん--

そうか、おかんさんはマリにだけは会っていなかったのですね。
ボビン家に新顔が来るたび会いに来てくれるのだけど、マリは1か月足らずでしたから。
きれいな歩き方の、気が強いけど寂しがり屋の子でした。

マリのことはこれからも伝えていこうと思います。
なつのことも、「身近でこんなことがあった」と獣医さんに雑談するだけでも、手術の際に思い出してもらえたら、それだけでお話した効果はあるはずですから。なつの話は避妊手術の際にも役に立つはずです。

うちに来る子は運が悪いのかもしれないけれど、そうやって、みんなのためになるのですから「自分が犠牲になって偉かったね」と褒めてやってください。



by: ボビンの母 * 2013/02/08 19:51 * URL [ 編集 ] | page top
--れセ香母さん--

去年の2月6日は、雪にはならなかったけれど冷たい土砂降りでした。
2月7日は午後からものすごく晴れて・・。
去年と今年の天気が似ているから、よけいにあの日のことが思い出されます。

マリはボビン家のイケメン3シェルと、仲良く遊んでいるのでしょう。
大きななつに邪魔されたくなくて、「まだ来なくていいよ」って追い返してくれたのだと思います。
ありがとうね、マリ。

by: ボビンの母 * 2013/02/08 20:05 * URL [ 編集 ] | page top
----

一年前、ボビン母さまのところで、そのような出来事があったとは・・・。ボビン母さまも
おつらかったでしょう。

マリちゃん、お空でボビン家イケメンシェルちゃん達と過ごしていますでしょうか。
どうかなつちゃんを見守ってください。
by: テク * 2013/02/08 21:48 * URL [ 編集 ] | page top
--テクさん--

初めてお預かりした子がマリでした。
子供の頃から飼っていたのは男の子ばかりでしたので、女の子も初めてでした。

子宮蓄膿症が手遅れになったわけでもなく、たまたま手術からDICを発症したとはいえ、なつのことも重なると、うちに来る子は運が悪いのかと考えてしまいます。
シェリーちゃんが幸せになってくれたのが救いです。そうでなければ私は疫病神になってしまいますね。

なつが無事生還したのは、マリが力をくれたこともあると、本気で思っています。
by: ボビンの母 * 2013/02/09 00:15 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/131-40975f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |