小夏がきらいなもの
2013 / 09 / 03 ( Tue )


涌き水公園の出口に、夏休みが終わって交通指導員さんがまた立ちはじめました
いつも朝の挨拶をして、小学生がいない時は二言三言、言葉を交わします

小夏は昨日が初対面。お家で秋田犬を飼っている指導員さんは、小夏が「私のことを警戒している」と言いました。無表情な小夏だけど、警戒心って・・?

今日、その理由がわかりました。旗を丸めて棒状に持っていたのを動かした時、小夏は後退りしたのです
小夏は、指導員さんが棒を持っていたから警戒した目付きをしていたのでしょう。
家の掃除機やモップの柄等、もっと長いものは平気です。
あの棒は叩くのには適当な長さ・・小夏の今迄を想像できる出来事でした

もう一つ嫌いなものは破裂音です
雷も花火も玄関チャイムにも、特別反応はしません。
床に携帯を落とす音、モップを倒す音など、近くで弾けるような音がすると飛びのきます。
昨日はボビン母が蚊を両手でパチン、としたら小夏は驚いて逃げました

小夏はボビン母の後を追うようになりました。食事の支度をしている時は、小夏も台所にいます。
リビングから出て戻ると、ドアの向こうに小夏がいます。ガラスに反射して見づらいですが、リビングから玄関を覗いている小夏の写真です

ボビン母はこれを小夏の「なつ化現象」と言っています
現象だけでなく、なつ(ななちゃん)のおおらかさも少し似てくれたら、ボビン母は大声で「こなちゃん、邪魔」って言うのだけれど、ガサツなボビン母でも今の小夏には、優しく、そっとです
スポンサーサイト
23 : 20 : 04 | 小夏(メロディーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<つれづれ | ホーム | 食欲旺盛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/219-559e0543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |