ボビン
2012 / 04 / 30 ( Mon )


今日4月30日は特別な日。
4年前、初代シェルティのロビンが虹の橋を渡りました
その前日に、後に二代目となるボブは、保健所行き寸前にミクタローさんに保護されていました。
シェルティレスキュー発足前のことです。

ロビン(右)は我が家にとっては初めてのシェルティ。里親になったのはボブ(左)が初めてでした。

ボブの里親になる決心をしたのは、「いつでも里親募集中」から、ミクタローさんのブログに飛び、保護された日付を知ったことと、名前の偶然です。
ロビンもボブもロバートの愛称、つまりどちらもロバート
ミクタローさんに可愛がられて蘇ったボブの誕生日を、4月30日に決めました
そして、私はボブ+ロビン、ボビンの母になりました

ロビンとボブの話はいずれ・・。ホブの里親になったことが、シェルティレスキューにまた繋がりました、これもご縁なのでしょう。
こういう偶然や縁が、きっとシェリーにも訪れるのを待っています。

連休に入って暑くなったから、頂きものの新しい洋服に衣更えしたシェリーです
いつでも里親募集中
ボブ君の里親見つかりました
スポンサーサイト
20 : 10 : 28 | 虹の橋を渡った子 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<雑感 | ホーム | 新しい家族募集>>
コメント
----

ボビンの母さまのお名前…そうでしたか。
ボブ君とロビン君がいつも見守ってくれていますね。
そして、虹の橋からはディラン君とマリちゃんも…。
母さまは、安心して自信を持たれて頑張って下さい!ね。

今改めてミクタローさんのブログを読ませて頂き、懐かしい気持ちでいっぱいです。
えぇ、その頃私も、拝読させて頂いていましたもの。
そして、ボブ君のご家族様と今こうしてお会いさせて頂けた偶然に感謝しています。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
by: グリュメルママ * 2012/05/01 23:52 * URL [ 編集 ] | page top
--グリュメルママさん--

どのシェルも可愛いことには違いないのですが、子犬からのロビンと、保護犬を迎えるきっかけになったボブは特別な存在です。

ボブの里親にならなければ、今ここにロンはいなかったでしょう。
マリをお預かりしたことで、グリュメルママさんにお会いできたし、そうでなければシェリーをお預かりすることもなかったでしょう。

こうして考えると不思議なご縁でつながっているのですね。
シェリーにもどなたかにつながるご縁があると信じています。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

by: ボビンの母 * 2012/05/02 17:59 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/26-483be14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |