シェリーがくれたもの
2013 / 12 / 27 ( Fri )



シェリーちゃんがブリーダーからレスキューされてからのことは、こてとわおかんさんが駆け足で紹介してくれました。

グリュメルママさんのブログで初めて紹介されたシェリーに、衝撃を受けた方は多かったと思います。
シェリーママさんはそれ以来、シェリーがどうなるのか、ブログから目が離せなくなったとおっしゃっていました。
全てがそうだとはいいませんが、シェリーの姿が悪徳ブリーダーの実態を物語ってくれました。

シェリーの過去を知ることになったもう一つはマイクロチップです。ブリーダーからの引き出しは確かなのに、未登録状態ですでに入っていたのです。
「シェリーは一度はペットショップに売られたけれど、買い手がなくて繁殖用に戻された」とグリュメルママさんは推測しました。
シェリーは何も言えないけれど、犬市場(嫌な言葉です)の現実を体で教えてくれたのだと思います。

悲しい話ばかりではありません。
小さいシェリーが中心になった、大きな円=ご縁ができました。
シェリーを預からなかったらお会いすることがなかった、シェリーママさんやシェリー応援団の方々です。せっかくシェリーちゃんが繋いでくれたご縁。これからも大切にしていきたいと思います。
シェリーちゃん、ありがとう。そして皆さま、今後もよろしくお願いします。

それからもうひとつ。突然ともいえるお別れは、無常さを突き付けられた思いです。ボビン母が若くないせいもありますが、今を大切にしなさいと教えられた気がしました。

だからというのではないのですが、明日ディランの恩人に会いに行きます。お会いできる機会は明日しかない気がするから。
スポンサーサイト
21 : 57 : 10 | シェリー(シェリーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<九州のエルさん | ホーム | 追悼・シェリー>>
コメント
--そうでしたね--

明日…でしたね!
ゆっくりするほどの時間はないだろうけど
ディランの恩人に会ってきてください


全てのブリーダーが悪い人ばかりではないけど
日本は国全体で動物に対する規制や罰則を厳しくし
しっかり監視すべきです!


明日は何もかも忘れて楽しんできてください
by: 小鉄&斗和 * 2013/12/27 22:54 * URL [ 編集 ] | page top
--マイクロチップだけではなく--

最初に、シェリーの冥福を祈りますとともに、
里親様のご慈愛に心より感謝いたします。

ボビン母さん、こてとわおかんさまもご紹介ありがとうございました。

またグリュメルママさまには大変お世話になりました。


シェリーは、マイクロチップが入っていて、繁殖場から保護された。
そして狂犬病抗体検査は、接種経験が限りなく低いことを表す抗体価でした。

この繁殖場は、シェリーに対しては、狂犬病予防法に反していることは明らかです。
シェリー1頭でなければ、告発も辞さない思いでおりました。
いえ、過去形ではなく、今も。

告発もできない犬たちのに代わって、シェリーの抗体価証明書を私の手元に保存しています。
by: mikalovesally * 2013/12/28 10:52 * URL [ 編集 ] | page top
--こてとわおかんさん--

シェリーちゃんがこんなことになると思いもよらず、11月から決まっていたので、エルさんにはその時から連絡を入れていました。
エルさんのお家の3頭のうちの1頭は、ブリーダーにいたおばあちゃんシェルティ―なんですよ。

いつまでたってもブリーダー問題は改善されませんね。以前ロビンをペットショップから飼った時、兄妹のメスが残りました。娘といつもその子のいく末を案じていましたが、シェリーちゃんを知ったときのショックは忘れられません。
ロビンとこっちゃんは同じお店。あそこの店は良心的だったと信じていますが・・・。
今私たちが一番にできることは「犬は買わない」ことでしょうか。

by: ボビンの母 * 2013/12/29 21:10 * URL [ 編集 ] | page top
--mikalovesallyさん--

お忙しい中、コメントをくださりありがとうございました。

狂犬病のことは初めて知りました。
風の便りに耳にしたのですが、シェリーのいた繁殖場は今も続けているようですね。
同じ所にいたベックは幸い若かったから元気に活躍しているようです。
シェリーがもっと早くレスキューされていたらと、悔しくてなりません。

少しでも事態がよくなるように、どうしたらよいか、お手伝いすることがあれば教えてください。

シェリーのママさんがシェリーを見守る目は、本当に慈愛に満ちていました。そしてママさんはとっても幸せそうでした。
そのお顔を見ることで、私まで幸せな気持ちにしてくださっていました。
by: ボビンの母 * 2013/12/29 21:26 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/277-bd3334b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |