九州のエルさん
2013 / 12 / 30 ( Mon )




シェリーちゃんのことがあって心苦しくはありましたが、以前から決まっていた、ボビン姉さんからのプレゼントでもあり、28と29日の一泊で博多に行ってきました

ならばエルさんに是非お会いしたいと思いました。ディランの後も、回復見込みのない姫ちゃんのお世話をしてくださった方です。
エルさんの最寄り駅まで新幹線つばめであっという間でした

3年前のお礼とお詫びをしたかったんです。
お礼というのは、保健所で弱っていたディランを引き出して、飛行機に乗れるまでに回復させてくださったこと。
お詫びというのは、ディランが息を引き取るまで、直接エルさんに連絡をとらなかったことです。

それには事情があったのですが、今、ボビン母がお預かりをするようになって、エルさんに連絡をしなかったことを反省しています。心配されていたでしょう。寂しくもあったと思います。

お体があまり丈夫でないエルさん。お家には保護した子を含めて3頭5匹いるそうです。
今はご自宅で趣味のお店「エルねこ工房」を始めました。
以前もプリザーブドフラワーをお願いしたことがあるのですが、今回も素敵なお正月飾りを見つけて予約済み。それを受け取る目的もありました。

そのほかに絵本を描いたり、適応指導教室に通うお子さんたちの作品展を開いて、新聞やテレビの取材を受けることで、子供達への理解を深めてもらう、素晴らしい活動もされています。それについては「エル日和」をご覧ください。

何もない田舎とおっしゃっていましたが、素敵なカフェでべーグルをご馳走になり、たくさんのお土産をちゃっかりいただいてきました

ロンが紹介します。
ディランが大好きだった、地元銘菓丸ぼうろ、エルさん手作りの手芸作品やロンのおもちゃ。絵本はエルさんの作品です

年末の忙しい時に、お時間をさいてくださり、その上、たくさんのお土産をありがとうございました。無理し過ぎて、体をこわさないでくださいね。

それから博多に戻り、ボビン姉さんと、姉さんの旦那さん公認の男友達と合流しました。おかしな組み合わせでしょ?
向かった先はマリンメッセ。一番下の写真です
スポンサーサイト
18 : 33 : 30 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<波瀾の一年でした | ホーム | シェリーがくれたもの>>
コメント
--おかえり~~~--

姉さんからのプレゼントの旅行でエルさんとも会え
大好きなライブにも行け良かったですね~
面白い組み合わせの珍道中は今度ゆっくりとお聞かせくださいませ

犬を飼っていなければ・・・またシェルティーを飼っていなければ
出会わなかった方々との繋がり・・不思議ですね~
ボビン母さんをはじめ シェルレス・里親会など
保護活動を積極的にされている方々には本当に頭が下がります
現状では全ての子を救ってあげることはできないけど
1頭でも多く幸せになれるように 
私もお手伝いしていきたいと思います
by: 小鉄&斗和 * 2013/12/30 21:37 * URL [ 編集 ] | page top
----

ボビン母さま

先日は、遠いところ、わざわざ会いに来てくださり、ありがとうございました。
そして、また、こんなにもご紹介いただいて、ありがとうございます!
「エルねこ工房」「エル日和」まで、宣伝いただいて・・・
ありがとうございます!

ディランくんが繋いでくれた、「ごえん」
とてもありがたいです。
それに、お詫びなんて、とんでもない!
弱って、病気で、とても里親さまなど見つかるはずもない・・・と思っていたディランくんを保健所から救出出来たのは、ボビン母さまが、強く希望を申し出てくださったからです。
亡くなった後、お写真をいただいて、ディランくんを相当可愛がってくださったこともよく分かっておりましたし、何よりディランくんの表情が優しくなっていたことが、その事実を物語っておりました。
こちらこそ、感謝の気持ちでいっぱいです。

シェリーちゃんのことなどお聞きして、涙が出そうになったりもしましたが、ボビン母さままが救ってくださった命は多いと思います。
私は、レスキューから遠のいてしまいましたが、頑張っていらっしゃるご様子は、こちらのブログで拝見させていただいて、応援だけはしております!

私に出来ることがあれば、遠慮なくおっしゃってくださいませ。

私もお会いした日の夜に、「エルねこ店長のつぶやき」に記事をアップさせていただきました。

またいつかお会いできる機会があればいいな・・・と思っております。
おしゃべり、とても楽しかったです(*^_^*)

ありがとうございました!
by: エル * 2013/12/30 22:38 * URL [ 編集 ] | page top
--こてとわおかんさん--

私が里親になった第一号はボブ。
そのボブを見つけた「いつでも里親募集中」を教えてくれたのがおかんさんです。
ボブがいなければディランはいない・・・そう思うと不思議な気がしますね。

そして、今いるのがロンでなければ、預かりはできなかったかもしれません。

晩年(かな?)、人付き合いは縮小する方向でやってきたのですが「わんこのつなげてくれるご縁っていいなぁ」としみじみ感じています。
今までのご縁を大切にしながら、これからも身の丈にあったお手伝いができれば、と思っています。
きっと虹の橋を渡った子たちも喜んでくれますよね?
by: ボビンの母 * 2013/12/31 08:33 * URL [ 編集 ] | page top
--エルさん--

年末の忙しい時に、私の無理なお願いを聞いてくださって本当にありがとうございました。

エルさんにお会いできた日の3年と10日前、ディランを迎えた日の事が思い出されました。
せっかくエルさんが助けてくださったのに、半年しかいられなかったディラン。
満身創痍だったから、それがディランの寿命だったと諦めはつきましたが、私の心の中にエルさんへの申し訳なさがいつまでも残っていました。

お会いできてうれしかったです。
それに思ったよりお元気そうで安心しました。

駅まで送ってくださる際 「ここが詩画展を開いたギャラリー」「朝市会場はここの駐車場」と案内してくださいましたね。
そう、「ごえんフェスティバル」っていうのもエルさんが企画したんですよね。

くれぐれもお体に気をつけてくださいね。
これからもご活躍されるのを、遠くからですが応援させていただきます。

by: ボビンの母 * 2013/12/31 08:57 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/278-b1a06a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |