波瀾の一年でした
2013 / 12 / 31 ( Tue )



思えば今年は波瀾の幕開けでした。

年末に子宮蓄膿症の手術をしたなつ(ななちゃん)の様子がおかしく、7日に6時間にも及ぶ緊急手術をして、生死の境をさまよいました。
なつの強い生命力のおかげで、腎臓に影響がでたものの元気になって帰ってきました。
そして素敵な里親さまがみつかり、5月にボビン家を離れ、高級住宅街のお嬢さまとなりました

8月には小夏(メロディーちゃん)を預かりました。お盆の間の予定だったのですが、他の保護した子との兼ね合いで、里親さまが見つかるまでの延長になりました。
でも小夏を気にかけてくださった優しいご家庭が、お見合いなしの無条件で引き受けてくださり、小夏はすぐに里親さまのもとに出発しました。10月のことでした

12月にはボビン姉さんの結婚式が決まっていたので、年内の預かりはお休みをお願いしていたのですが・・。

11月、柴犬の迷子をお世話することになってしまいました。
皆さんが拡散してくださり飼い主捜しをしたのですが現れず、獣医さんの紹介で里親さんが決まりました。12月、結婚式の10日程前のことです

プロフィール紹介画面に、ロビンから柴犬こりんまで登場、ウルウルしましたが、結婚式は上手くいきました

今年はこれで終了のはずでした。
シェリーちゃんが22日の夜中に突然・・そして25日にお星さまになりました。このことは先日お伝えしたばかりです

ブリーダーにいた子も、保健所から保護した子も、シェルティ・レスキューが引き受けたら、ほとんどの子が幸せを掴めます。もちろんそれは、その子達を迎えてくれる優しい里親さまがいてこそのことです。
そして、預かりを支えてくださる応援団がいてくださいます。

皆さまの優しさに感謝し続けた一年でした。
それとともに、いろいろなことで、理不尽さを痛感した年でもありました。
シェリーちゃんのご冥福を心からお祈りします
そして来年もよろしくお願いいたします

今日の写真は、今年最後の出来事になった博多の続きです。
帰りの飛行機出発までの時間、門司港行きに決定したものの、時間が少なく新幹線利用です。雪がパラついていました。
関門トンネルは国道2号。下関までわずか1㌔弱の道のりですが、九州から本州まで歩いたことに3人とも感動しました。
スポンサーサイト
20 : 25 : 08 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<新年のご挨拶 | ホーム | 九州のエルさん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/279-f430efcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |