6か月
2014 / 06 / 13 ( Fri )



3年前の6月13日、ディランが虹の橋を渡りました
九州のセンターから引き出してもらい、エルさんのお家で約ひと月。ボビン家で暮らしたのが6か月弱でした。
胆嚢が悪かったのですが、治療をするそばから悪いところが見つかり、肛門周囲腺ガンもあり、最後は多臓器不全でした。
ディランの体がそんなに悪いと思わなかったボビン母は、せめて1年は一緒にいたいと病院通いしました。それでも良くならなくて、もっと良い病院をシェルレスの代表に教えてもらって通いました。通院ばかりの毎日でした

びおらは余命半年宣告を受けましたが、びおらの悪いところはただ一カ所だけ。ディランがボビン家に来た時に比べると、ずっとずっと元気です。
巨大乳腺腫瘍を切除した後は、特別な治療方法がないからと、好きなものをたくさん食べて好きなように過ごしてよいと言われました。
お散歩大好きびーちゃんは、今日もロンと一緒に朝晩散歩しています

いずれ近いうちに普通に生活できなくなるとしても、同じ半年なら、びおらの過ごす時間の方が幸せかもしれません

ディランとびおらの前の飼い主に言いたい
どちらも10年は一緒にいたはずの高齢の子です。こんなにひどい状態になるまで放置して、最後は棄てるなんて、なんで後半年、一緒にいてあげなかったのですか?
これからは絶対に生き物を飼わないでください

ディランの命日に、びおらの残された時間の短さを改めて思ってしまいました
スポンサーサイト
20 : 50 : 18 | 虹の橋を渡った子 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<再びSSD48 | ホーム | 浦和シェリー会>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/06/14 00:44 * [ 編集 ] | page top
--非公開でコメントをくださった〇〇さん--

コメントをありがとうございました。
「命」のことは結論が出なくても、いつも考えていることが大切だと思います。
お互いにほどほど(これが大事!)に頑張りましょう。
これからもよろしくお願いします。
by: ボビンの母 * 2014/06/14 14:56 * URL [ 編集 ] | page top
----

びーちゃん、御機嫌そうで、うれしいです。
6ヶ月…短いかもしれませんが、充実した日々でありますように…心からお祈りしてます。

私はいつも考えてしまうことが、あります。
保護犬の元の飼い主が、今、急に現れたら…あの子たちはどうするかしら?と…
きっと、嬉しくて側に寄って行くのではないかと、私は思うのです。

だからこそ、そんな子たちだからこそ、愛しくて大切に想いますし、幸せになって欲しいと願ってしまいます。
そして、一緒にいる時間に関係なく、その気持ちは通じると思っています。U^ェ^U
by: むっくママ * 2014/06/14 22:43 * URL [ 編集 ] | page top
--むっくママさん--

びーちゃんは毎日元気に過ごしています。
お散歩は雨でも近くに行きます。
晴れた日の朝は6時前に起きて、外に行くのをウロウロしながら待っています。

びーちゃんは外に関心があるんです。
散歩中、遠くにわんこの姿を見つけると、吠えて呼びます。
「おーい!こっちにおいでよ」みたいな感じ。
「歩きながらいろんなものを見ている」と、今日来た娘が言っていました。
外に気持ちが向いているということは、まだまだ余裕があるんですね。
そんなぴおらの今を大切にしてあげたいと思っています。

by: ボビンの母 * 2014/06/15 00:03 * URL [ 編集 ] | page top
----

びーちゃんが自分の病気のことをわかっているかはわかりませんが、毎日ゆったりと過ごしている様子をみると、微笑ましくなります。

それに。。。
びーちゃんには近くにたくさんの応援団がいて心強いですね。
魂のお里まで行くまでに、穏やかに過ごせることだけを願って、私は念をおくります。
って、びーちゃん怖がらないでね(笑)
by: セーラママ * 2014/06/15 14:15 * URL [ 編集 ] | page top
--セーラママさん--

持病のある子を預かる難しさは、病気になる以前の状態と比較できないことだと思います。ただ、びおらの場合、確実に言えるのは、大きな乳腺腫瘍をぶら下げていた時よりは快適に歩けるということです。

おかげさまでたくさんの方たちに応援していただけるのは、本当に心強い!
浦和シェリー会だけでなく、「びおらに会ってね」って言ったら連絡をくださったセーラママさんも蔵くんのおかんさんも。
お洋服をプレゼントしてくださったテクさんや、わざわざサプリメントを送ってくださったスウィ―ピーちゃんのママさん。
きっとびおらにもみなさんの思いは通じていると思います。

念を送ってくださいね。びおらは怖がったりしません。そういうことには鈍感なびーちゃんです(笑)

by: ボビンの母 * 2014/06/15 19:17 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/365-5cc6f03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |