ひまわりのお便り
2014 / 07 / 22 ( Tue )


今日、ひまわりの絵葉書が届きました
差出人は「ボブのお兄さんのお嫁さん」です。

ボブは、お兄さんが個人で保護したシェルティ。1年4か月程して、ボビン母が里親になりました。1年後の家族記念日、ボブは虹の橋を渡りました。2010年の事です。お兄さんはまだ独身でした。

それからボブのお兄さんは結婚し、女の子と男の子のパパになりました
お嫁さんとは、お会いしたことはないけれど、時々お手紙を交換しています
亡くなったお母様とボビン母の歳がほぼ同じということがあって、いつも体のことを気遣かってくれるお便りです。
元気なボビン母の様子を伝えたくて、ブログを見てくださいとお知らせしました。

それからは、うちに来る子をいつも気にかけてくれています。びおらには、頑張って長生きして欲しいと、前にも書いてくれていました。

ななちゃんのことを大変気に入ってくれていました。自分達に子供がいなければ家族にしたいと、以前お手紙に書いてありました。
今日届いた葉書には、「みなさんも言われている通り、ひまわりのようなななちゃんでしたね
と。

ボブがいなくなって、8月21日で4年になりますが、ホブのおかげで、新潟に遠い親戚ができたような気がしています。

今日の写真はびおら、じゃなくてボブです。ホブはびおらを2回り小さくした、コリーのようなシェルティでした
スポンサーサイト
21 : 50 : 05 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<セーラちゃんこんにちは | ホーム | またしても>>
コメント
--むっくママ--

ママ様の回りには、たくさん幸せになった方とわんこ達がいますね♪

長いか?短いか?私にはわかりませんが、みんなとっても充実した豊かな日々を送られたのでしょう。
そうでなければ、わんこのが亡くなってからも、お付きあいしませんもの…

私もママ様のパワーにあやかりたいです。
by: * 2014/07/22 22:14 * URL [ 編集 ] | page top
--むっくママさん--

ボブのお兄さんは1年4か月も一緒にいたから、ボブが可愛くて仕方ないようでした。
エルさんは、今にも死にそうなディランのお世話を、一生懸命してくださいました。
それぞれ素晴らしい方です。

私が預かりのお手伝いをすることになって、シェリーちゃん+チェリーちゃん、ななちゃん、メロディちゃん、それぞれのママさんたちは、ありがたいことに近況を知らせてくれます。
里親さんの中には、「もう自分のうちの子だから」と面倒がる方がいると聞きました。
先日ななちゃんのママにもお話したのですが、近況を知らせてくださるだけで、それだけで本当に有り難く思います。
やっぱり、ご家族さまに次いで、その子を可愛いと思っているという自負のようなものがありますから。
だから、亡くなっても思いを共有できるから、立場が反対になっても、細く長くお付き合いさせていただけたら、その子はずっと生き続けてくれるような気がします。
by: ボビンの母 * 2014/07/23 17:56 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/383-0b7d36ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |