緊急事態
2014 / 09 / 25 ( Thu )





今日びおらはボビン家にいます。
昨晩からのびおらに起きたことを、時系列にお伝えします。

ステロイドの効果を喜んでいた矢先、夜中の1時半頃にむっくママさんから電話が来ました
「びおらが痙攣を起こして、長い時間治まらないから、川口の夜間病院に行きます
ボビン母が病院に着いた時には、何事もなかったように歩くびおらでしたが、軽い脳梗塞の疑いがあるので、朝になったらかかりつけの病院に行くことを薦められました。
ママさんは仕事があるので、ホビン母が連れ帰り、むっくくんの病院に連れて行くことにしました

ところが車の中で、再び痙攣を起こし、家に着いても治まりません。
9時まで待つ余裕はなさそうです。ダメ元で6時前に電話したら、すぐに連れて来るように言われました。びおらの腫瘍を取ってくれた、ロンの先生です。
癲癇性の発作でした。注射を打ってすぐに意識が戻り、痙攣も止まりました。

応急処置だったから、9時にまた出直したのが上2つの写真。びーちゃんのいつもの笑顔です。
びーちゃん、病院では元気になります。お年寄りの介護認定時みたい

痙攣時はお水を飲ませなかったから、帰ってから、お水をたくさん飲んで、ご飯も少なめだけど食べました

夕方、お向かいのこなつくんがいたから、びおらを外に出してみました。
室内よりしっかり立てるし、自力で数歩歩き、ちゃんとシッコもしました

その前には寝たままシッコして、その後に寝たままも出ました。不快だから、ちゃんと訴えます。気づかなくてごめんね
立ち上がり易いように、コルクのマットを敷きました。

明朝また病院に行きます。

びおらが治療できるのは、シェルレスにご支援してくださる皆様のおかげです。余命宣告された身ですから、節約を心掛けていますが、どうかお許しください。心から感謝しています。
「苦しむようなら安楽死。それが私達ができる最後のレスキュー。」代表の言葉です。
スポンサーサイト
21 : 51 : 11 | びおら(びおらちゃん) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<魔法の青い靴 | ホーム | 望みをかけて>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/09/25 22:18 * [ 編集 ] | page top
--感謝--

皆様のご声援、ご支援のお蔭で、びおらは笑顔を取り戻すことが出来ました。

本当にありがとうございました。

心からお礼申し上げます。
by: むっくママ * 2014/09/25 22:56 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/09/26 11:46 * [ 編集 ] | page top
----

びーちゃんの為に保護ワンコのために
何が出来るか・・・。
考え、行動してくださる皆様に感謝します。

びーちゃん、笑顔がもどってよかった。
by: テク * 2014/09/26 12:50 * URL [ 編集 ] | page top
--25日に非公開でコメントをくださった〇〇さん--

コメントありがとうございます。
お気を悪くされていないか、ずっと気になっていました。
別な形になりましたが、ご縁が続いていたようでうれしく思います。
これからもよろしくお願いいたします。
by: ボビンの母 * 2014/09/26 15:29 * URL [ 編集 ] | page top
--むっくママさん--

呼吸できなくなることは覚悟していましたが、今回のことは想定外。
ママさんもだと思いますが、脳梗塞と聞いてシェリーちゃんのことが頭に浮かびました。

幸いびおらは徐々に回復して、今は部屋の中をいつものようにふらついています。
それもみなさまのご支援があればこそ。
道満に行きたい理由の一つは、これなんですよね。
by: ボビンの母 * 2014/09/26 15:36 * URL [ 編集 ] | page top
--26日に非公開でコメントをくださった〇〇さん--

コメントをありがとうございます。
残された時間を、普通に楽しく暮して欲しい・・・それがむっくママさんと私の願いです。
びおらに笑顔があるうちはまだ大丈夫!

〇〇ちゃんも大切にされて幸せでしたね。
びおらは短い時間ですが、みなさまに応援していただけて幸せです。
by: ボビンの母 * 2014/09/26 15:44 * URL [ 編集 ] | page top
--テクさん--

みなさまのおかげで医療が受けられます。
テクさんも素適な作品でレスキューや、保護犬に直接ご支援くださって、ありがたく思います。
私にできること…私にあるのは強靭な(?)肉体ですから、お預かり。

一時は無理かと思いましたが、回復しつつあるのは、びおらはまだまだ今の暮しを続けたいのに違いありません。
by: ボビンの母 * 2014/09/26 15:53 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/426-36528d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |