ママさんの思い
2014 / 09 / 28 ( Sun )






ご機嫌で助手席に座っているロンと、むっく家に頂き物とリクエストのジャーキーを届けに行ってきました

むっく家での今日のびおらです。
昨日、昼間は抗てんかん薬が効き過ぎているのか、ふらついていて散歩も無理。夜中はは酸素吸入しても呼吸が苦しそうで、見ていて辛かった、とママさんがおっしゃいました。

「ただ延命する気はないけれど、道満まで頑張らせるのは自分のエゴかもしれない」と、夜中のびおらを見ていて迷いが出たそうです。

ホビン母はびおらを外に出してみることにしました。昼の日差しは強く、散歩には向かないけれど、今日のびおらの様子を見たかったからです。

近くの団地の入口に日陰を見つけ、一休みしました。
二人ともスマホも持たずに出て来てしまい、ママさんが取りに戻ってくれました
そこで撮ったのが下の2つの写真です
少し歩いて、ママさんを待って、それでもしっかり立っている、笑顔のびーちゃん

びおらは少し苦しいには違いありません。ホビン母もあの痙攣を見ています。
でも、フードを食べて、自分の足で歩けるなら、びおらは苦しい時間があっても、毎日をむっくくんたちと暮らせることを望んでいるはずです。
道満まで・・というのは一応の目標。
苦しさの割合がびおらの中で大きくなった時に、びおらが答えを出すと思います。

ママさんが「自分が弱いのかなぁ」って悩んでいたけど、ボビン母から見たら、弱いのでなくて優し過ぎです。
びおらは「私はまだ大丈夫よ」と言わんばかりに、帰りは玄関ドアまでの何段かを、躓くことなく自分で上がって行きました

代表の方針には納得しています。ただ、びおらと接している私達が、そのタイミングを誤ってはならない。これからは、むっくママさんだけでなく、ボビン母も気持ちが揺れることがあると思います。
でも今は、まだびおらに明日があります
今、応援を必要としているのは、びおらよりママさんかもしれません。
スポンサーサイト
21 : 19 : 09 | びおら(びおらちゃん) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<びーちゃん通信「それなりに」 | ホーム | びーちゃん通信「濃縮酸素機」>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/09/28 22:14 * [ 編集 ] | page top
----

ボビン母さんが書かれているとおり
目標は一応ということで、むっくママさんの負担になりませんように。

びーちゃんがサインを出すでしょう。
その時期がきたら、誰でもきっと気持ちは揺れるし、悩むと思います。
by: セーラママ * 2014/09/29 12:41 * URL [ 編集 ] | page top
--非公開でコメントをくださった〇〇さん--

びおらを見守っていてくださったのですね。
ありがとうございます。
近いうちにお便りさせていただきます。

もうしばらく、びおらとママさんを応援してください。
よろしくお願いいたします。
by: ボビンの母 * 2014/09/29 16:49 * URL [ 編集 ] | page top
--セーラママさん--

むっくママさんも私も、送ることに慣れているとは言っても、びおらの場合は難しい・・・。
余命半年の期限が迫ってくることで、先のことを心配してしまうようです。

でも、みかさんがおっしゃるように、犬の寿命は犬の神様が決める・・・。
先のことはわからないですよね。今回の癲癇性の痙攣だって全く予想しませんでした。

だから今日無事に過ごせたら、また次の今日を生きる、っていうことを繰り返しながら、びおらが答えを出してくれると思います。
by: ボビンの母 * 2014/09/29 17:04 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/430-3b1db22f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |