夕暮れの土手で
2014 / 11 / 27 ( Thu )



夕方散歩の時、土手の景色が絶妙な色になりました。
写真を撮ろうと、ロンとミューを繋げていたら、おじいさんに声をかけられました。
ロンを撫でながら「この顔はオスかな?」

シェルティって、割に顔でオスメスがわかり易いですよね。
思った通りに、以前にシェルティを飼っていた方でした。

「うちにシェルティのメスがいたんですよ。子供が3頭生まれて、そのうちの1頭は死産だったのだけれど、2頭はそれぞれ別な家にもらってもらった。
だけど、1頭は吠えてうるさいからって、返された。だから、親子で飼っていたんだけど、オスの方はガスの検針の人のお尻を咬んじゃって・・。
もう10年くらい前に、どっちも亡くなった。」

ロンとミューを撫でながら、懐かしそうに話していました。
わずか5分くらいの間でしたが、示唆に富んだお話でした。

やたらと吠えては困るけれど、シェルティって、吠えるのは珍しいことではありません。
犬種の特徴を知らずに飼う人。
飼ってからやっぱりいらない、っていう人。この場合は親元で引き取ってくれたからよかったけれど、ペットショップで買ったら、やっぱり棄てるんでしょうか?
検針員に怪我をさせてしまった管理の問題はあるけど、おじいさんはその子を最後まで自分の手元に置き、看取ったそうです。
「おとなしいね」って誉められたロンとミューでした

先日、チェリーちゃんの写真をいただいていました。少しセピアっぽい画面が、チェリーちゃんの気品をさらに引き立てていますよね
スポンサーサイト
21 : 31 : 09 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<ジョージ、頑張ったね | ホーム | お花に囲まれて>>
コメント
----

お散歩で出会われた紳士?さまと
深いお話が出来たのですね。

貰われて行った子が帰って来た、と言う事。
たくさんの問題のひとつの原因ですね。

ロンくんとミューちゃん、おりこうでしたっ。

チェリーちゃんは、独特の雰囲気ですね。
なんか、すいこまれそうです。
チェリーちゃんの前でウソつけませんっ。
by: テク * 2014/12/01 08:30 * URL [ 編集 ] | page top
--テクさん--

確かに素適なおじいちゃんでしたよ。
「おじいちゃん・・」なんてバアサンから言われたくないかもしれませんが。

安易にもらったり買ったりするから、棄てるのも簡単なんでしょうね。
生き物という意識が希薄すぎます。

チェリーちゃんは本当にホレボレするくらい綺麗な子です。
チェリーちゃんの前で嘘をついていないかどうか、まるチェリーメイちゃんの母さまにお尋ねしてみましょう!
by: ボビンの母 * 2014/12/01 18:58 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/471-c008faf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |