ロンの再診
2015 / 05 / 28 ( Thu )



ロンのお薬がなくなったので、夕方の散歩がてら、いつもの病院に行きました
道満のポスターを貼っていただいたので、残念な報告をするため、ミューも付き添いです

初めて見かけるシェルティちゃんがいました。
ルー君、14歳だそうですが、もっと若くみえます。ボビン母の好みのタイプ
足長でサマーカット、ミューより一回り大きい姿にボブを思い出していました

さて肝心なロンの潰瘍ですが、お薬では治っていませんでした
お薬は続けるとして、近日中に次の手を打つことになります。
どういう方法を取るかは、全て先生にお任せすることにしました。方法を検討してから、日時も含めて後日をくださるそうです。

説明をきちんとしてくださるし、何より、なつの癒着した腹膜炎や、高齢のびおらの巨大乳腺腫瘍の手術をしてくださった先生だから、信頼してお任せしたいと思っています

帰ってご飯を食べてすぐは、ミューといつものドタバタを展開していたのですが、急に静かになったと思ったら、ひっそり台所にいました。元気がないのは、また二人の先生に触診されたからかもしれません
スポンサーサイト
22 : 30 : 32 | ロン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<想定外の通院 | ホーム | まだまだバトルは続きます>>
コメント
--ロン君、がんばれー!!--

お薬があまり効かないよで…心配です。
でも、まだ手があるので先生にお任せしてればきっと大丈夫ですよ♪
早くすっきりしたいですね。

病院で会ったシェルちゃん、素敵です。
むっくもカットしたいのですが、スタイルに自信がないので…
し思案中です。
by: むっくママ * 2015/05/28 23:15 * URL [ 編集 ] | page top
----

ロンくん、そうでしたか。
でも、ボビン母さまが信頼している先生であれば大丈夫ですよね。
どんな治療になるかわからないですが、
頑張れ〜!頑張れ〜!ロンくん。
みんなで応援してます。
by: ミーとブーのママ * 2015/05/29 13:04 * URL [ 編集 ] | page top
--むっくママさん--

その節はお世話になりました。
そちらの病院で出された薬は、こちらの先生もこの症状なら同じものを使います、とのことで見解は一致しているのですが、効果がないから、隠れた本質的に違うものがあるのでは・・ということのようです。
とにかく、次の一手に望みをつないでいます。

ところで、むっくくんはいかがですか?
これから気温も湿度も高くなり、コンディションを整えるのが難しいですが、楽に過ごせるとよいですね。
ル―くんやボブのようにライオン刈りまでしなくても、お腹だけ刈ってしまう方法は、心臓の悪い子には効果的なようですよ。
by: ボビンの母 * 2015/05/29 20:28 * URL [ 編集 ] | page top
--ミーちゃんとブーちゃんのママさん--

私も次はどんな検査か、手術になるのか、わかりません。
手術をしてしまった方が早いのですが、患部の位置が中途半端で、開腹するには骨が邪魔だし、引きずり出すには奥なので難しいようなんです。

ただ、本犬はいつもと全く変わらず、快食快便、おバカスイッチも健在です。
だから今のうちになんとかしてあげたいと思っています。
by: ボビンの母 * 2015/05/29 20:37 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/546-7eeb099f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |