審判が下る前に
2015 / 08 / 07 ( Fri )



この特徴のあるお耳は・・・蔵くん

今日、航空記念公園の隣のドッグカフェで待ち合わせをしました
蔵くんのおかんさんのお姉さんも一緒です。

蔵くんのおかんさんとは、タイミングが悪くて何度か荷物だけ(枝豆とかマヨネーズとか)が往復していました。

ロンは今日の午後に所沢の医療センターに予約を入れていました。センターは航空記念公園のすぐ傍だし、蔵くんのお家も比較的近いので、ランチにお誘いしたら来てくれて、久々のご対面となった次第です

人の食事中、わんこ達はちゃんとおとなしく待っていてくれたから、ササミ入りミネストローネをご褒美に進呈したのですが、ボビン母からのプレゼントのつもりが、全部蔵くんのおかんさんにご馳走になってしまいました
その上、ロンのおもちゃや、大好物のお赤飯等など、お土産もたくさんいただいて、ひたすら恐縮しています

どちらも車は公園の駐車場に止めていたので、日陰を選んで、駐車場まで一緒にお散歩です
お姉さんのシーズーのフラくんは、ロンと生年月日が全く同じだから、来年は一緒にHAPPY BIRTHDAYしようね、って約束しました・・・。

さてさて、その後医療センターに向かいましたが、結果は安心できるものではありませんでした
もう一度先生方が検査結果を精査・検討した上で、治療方針を提案してくれることになり、また来週行きます

可能な限りの治療はするつもりでしたが、治療の結果=普通の生活とは限らないことを、思い知りました。
再発を防ぐために、犠牲を払わなければならないのなら、何を選ぶのがベターか、来週の受診までにしっかり考えようと思います。
スポンサーサイト
23 : 30 : 07 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<真夏の散歩は要注意 | ホーム | 膵炎とケーキの真面目な話>>
コメント
----

普通は気づかない ちょっとした変化で早期発見早期治療で スッキリ治ると思っていたのですが…
でも選択肢がなく時間が過ぎるのを待つだけじゃなく
今後の治療方針を選択できることは良かったと思います

もちろん難しい選択だとは思うけどね


関係ない話ですが 今日から役立たずさんが9連休で朝からバタバタしてて私のストレスは…(−_−;)
ただ明日から名古屋の友達のところに行くようなので 今はただただ耐えます
by: 小鉄&斗和 * 2015/08/08 08:27 * URL [ 編集 ] | page top
----

ロン君。ボビン母さまのお心を思うと、胸がいたくなります。

来年のフラ君との合同のお誕生日会、私も是非参加させてください。

もちろん、その前に何回も会いに行きますけどね(*^-^*)
by: ミーとブーのママ * 2015/08/09 01:23 * URL [ 編集 ] | page top
--こてとわおかんさん--

私も、早期発見して、信頼できる先生に手術をお願いしたのだから、これでとりあえずは安心できるものと思っていました。
ところがどちらの先生も「タチの悪いタイプ」と、この癌のことを表現していました。

「うちの子に限ってそんなはずはない!」って、今回ばかりは思いました。
基本的な考え方は、運命だと思って体をあれこれいじりたくはないのですが、やはりロンのことはこのまま終わらせる訳にはいきません。
弱気になると、むっくママさんが叱ってくれる。ありがたく思っています。
だからもう少し、運命に逆らってでも頑張ってみようという気持ちになりました。

お盆休みの親父さん、わざわざ会いに行くお友達がいるだけマシですよ。って、慰めにならないか?
by: ボビンの母 * 2015/08/09 08:59 * URL [ 編集 ] | page top
--ミーちゃんとブーちゃんのママさん--

本当に、どうしてロンみたいに良い子が・・と思うと運命を呪いたくなります。
正直なところ、頭の中半分以上はロンに占領されています。

一日でも長く、それもロンがロンらしくあり続けながらいられるにはどうすればよいか。そう考えたら、一番確実といわれた直腸をもっと切除する再手術は却下しました。命が永らえても、繊細で優等生のロンには、垂れ流しの生活はストレスそのものに違いありません。

弱気になるとむっくママさんに突っ込みを入れられて、立ち直ります。
浦和シェリー会、ありがたく思います。どうか末長い会の存続を、よろしくお願いいたします。
by: ボビンの母 * 2015/08/09 09:16 * URL [ 編集 ] | page top
----

ロンくんが何故?と私ですら思うのですから、ボビン母さんが運命を呪いたい気持ちに頷けます。
再手術をしない選択をされたのですね。
詳しいことは分かりませんが、1番に自分のワンコのことを理解している家族が良いと思われる治療で見守っていくのが良いのかと思います。もちろん、迷って悩んだりすることも少なからずあるかもしれませんけれど。

セーラも来年の夏、私が決めた誕生日を迎えられるようにできるように、ぼちぼちやっていきますね。
来月になったら会いましょう♪航空公園のカフェでも、ワンクルさんにも1度行ってみたいので、どちらでも・・・その時は連絡します。
by: セーラママ * 2015/08/09 13:42 * URL [ 編集 ] | page top
--セーラママさん--

ロンはうちに来て、9月で4年になります。
シェルレス卒業生でも、もっと短い時間しか里親さまと暮せなかった子はたくさんいるから、そういう立場で考えたら贅沢は言えないかもしれません。
でも預かりの立場を離れて、ロンの保護者になると「なんでうちの子が・・」って思ってしまいます。

セーラちゃんの腎臓は年齢によるものなのでしょうね。でも、食欲があるなら安心していられます。
治療法の最終決定をしていないので、9月のロンのスケジュールがわからないのですが、まだまだ元気でいることは確かです。
セーラちゃんの体調をボチボチに保ってもらいながら、是非ともお会いしましょう!
by: ボビンの母 * 2015/08/09 20:17 * URL [ 編集 ] | page top
----

母さまのブログの文章は、
とても落ち着かれています。
それは、「報告」しなければ、と
思っていらっしゃるからだと。

ロンくん、病気なんか、「うっちゃってやれぃ。」ですよ。
by: テク * 2015/08/09 21:44 * URL [ 編集 ] | page top
--テクさん--

落ち着いていますか?
だとしたら、それはまだ実感がないからだと思います。
ここにいるロンは、今までと全く変わらず、普通に食欲もあり、散歩もして、おバカスイッチも入ります。

検査報告書を前にすると、どうしたらよいのか悩みますが、「もしかしたらこのまま再発も転移もないのでは・・」と思ってしまいます。
こういうふうに気を緩めると「癌は怖いものなの!」って、むっくママさんが叱ってくれるんですよ。
by: ボビンの母 * 2015/08/09 22:52 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/575-ebcfc611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |