東海地区交流会での話から
2016 / 06 / 15 ( Wed )

先日の東海交流会で、やっとお会いできたメロみもママさんが、ボビン母のことを「病気のことをよくご存知で・・」と言ってくださったのですが、系統立てて学んだ訳ではないので、そう言われると恐縮してしまいます

もし少しだけ詳しいとしたら、それは今までボビン家に来たわんこ達と、素人のボビン母にもわかるように説明してくださったM病院S先生、D病院G先生、A病院S先生のおかげです

急性腎不全、僧坊弁閉鎖不全、胆嚢炎、子宮蓄膿症からの播種性血管内凝固症候群、慢性の小腸炎、乳腺腫瘍からの肺癌、直腸癌・・etc
みんなボビン家に来た子達が向きあった病気です。だからこの経験を生かさなければ、申し訳ないという思いできました

そんな中で胸を張ってお伝えできるのがミューちゃんの、抗生剤を使ったフィラリア陰転方法です。今シェルレスでは当然のように行われて、成果を上げています

実際はボルバキア菌という菌がフィラリアの表面に付いて悪さをするので、抗生剤のビブラマイシンで菌を殺しながら、フィラリアを駆除する方法です。
ビブラマイシンを朝晩1回、1か月続けたら2か月休む、つまり3か月ワンクールで、これを繰り返しますが、その間もフィラリア駆除薬(イベルメクチンかミルベマイシンに限る)は月に1度飲ませます。ただこれだけです

「陰転にはフィラリアの蓄積年数と同じくらいかかると言われた」「ミルベマイシンを扱っている獣医を探すため5~6軒まわった」と、交流会でフィラリア陽性の子のママさんがおっしゃっていました。

確かにミューは弱陽性だったから半年で陰転したのかもしれませんが、この方法で他のシェルレスの子も、従来より早く陰転しています
地域性の違いはあるのでしょうが、先生方も動物のことを思うならば、積極的姿勢を持っていて欲しいですね。

交流会の時の写真、これしかなくて・・
スポンサーサイト
16 : 23 : 05 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
<<暑かったですねぇ | ホーム | はじめまして、メロみもママさん>>
コメント
----

母さま、遠くまでお出かけ、
スタッフさんのお仕事、お疲れ様でした。

念願のメロディーちゃん、みもざちゃん、
メロみもママさまにお会い出来てよかったですね。

母さま、たとえお写真は、一枚でも
中身は、十分すぎるほど濃い記事ですっ!!
by: テク * 2016/06/15 20:22 * URL [ 編集 ] | page top
--テクさん--

リラさんのご厚意で、メロみもさんにゆっくり会うことができましたが、お手伝いはほとんどしなかったんですよ(汗)

会場でフィラリアについての質問をいただいて、きちんと説明したかったのですが、なかなか状況が・・・。
それで、この話は以前にもミューのところで書いたのですが、改めてこの場で書かせていただきました。
〇〇ちゃんのママさんが読んでくださっていたらうれしいのですが。
by: ボビンの母 * 2016/06/16 08:52 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2016/06/16 23:41 * [ 編集 ] | page top
--非公開でコメントをくださった〇〇さん--

コメントくださってありがとうございます。

先生がコピーしてくださった、A4サイズの資料がありますので、ご入り用でしたら連絡くださいね。

取り戻せるならなるべく健康に。
それが無理なら、穏やかにボチボチ。
一日でも長く一緒に暮したい気持ちはみんな同じだと思います。
by: ボビンの母 * 2016/06/17 16:37 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2016/08/22 18:15 * [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/687-ffc67569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |