むっくくん・・
2016 / 10 / 17 ( Mon )

今日未明、むっくくんはお星さまになりました

昨日ママさんから、肺炎で入院したと連絡をもらっていました。
思いの外症状は悪く、もしかしたら翌日までもたないかもしれない状況で、無理をしても家に連れて帰るか、酸素室がある病院に置いてもらうか、ママさんは悩んだようです。
むっくくんが苦しまないことを第一に考えて、出した答えは、病院でお世話になることでした。
病院に預けることに決めた理由はもうひとつありました。
命を救ってもらった病院の院長のもとで、命を終えるのも、それも運命かと・・。

むっくくんは5年前この病院で、一本の前脚と引き換えに命を繋げてもらいました。
この頃の経緯は、むっくくんをお預かりしたグリュメルロコママさんのブログでご覧いただけます。

あちこち悪くなりながら、ママさんと院長の力で、ボチボチ暮らしていたから、入院のことを知らされても、熱が下がればお家に帰れると、ボビン母はどこかで楽観していたのですが・・。

むっく大明神のおかげで、ボビン家の預かりっ子達は、生きる時間を長くしてもらったり、素敵なご家族さまに出会うことができました。
一番の功績は、ママさんに幸せな毎日をプレゼントしてあげたことでしょう。
5年間よく頑張ってくれました。ママさんは、「もう頑張らなくていいよ」って言ってました。
ありがとう、むっくくん。
次の日曜日、みんなで見送りに行きます。
仲良しだったびーちゃんが、虹の橋の向こうで待っていているからね。

写真は、ボビン母が最後にむっくくんに会った8月7日のものです。
スポンサーサイト
19 : 36 : 06 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<メロディさん、頑張りました | ホーム | いろいろまとめて >>
コメント
----

ムックくん旅立ちましたか…

彼の頑張る姿とママの愛情にはいろいろと考えされることが多かった

今頃はボビン母さんはじめ たくさんのボランティアさんや里親さんの愛情に包まれ旅立った仲間と
自由になった体で走り回っていると思います

by: こてとわおかん * 2016/10/18 07:24 * URL [ 編集 ] | page top
--こてとわおかんさん--

こんなに急に逝ってしまうなんて・・。
なんだか、むっく君だけは死ぬことがないような気がしていました。

断脚後、グリュメルロコママさんに連れられて通院中のむっくくんを、ママさんが一目ぼれして、院長を通して里親希望したそうです。
むっくくんのことが気に入ったから、それが脚が足りなくても、フィラリア陽性でも、ママさんにとっては関係なかった。
年齢とか、健康状態とか、さらにトイレの躾ができているとか・・そんなことを条件にする方もいるけれど、ママさんは心からむっくくんを望んだのですね。

「むっくくん命」のようなママさんだったから、これからのママさんが心配ですが、むっくくんが見守ってくれるはず。
びーちゃんの命日が10月21日。その日までもう少しゆっくりしていてほしかったのに、駆け足で逝ってしまいました。

by: ボビンの母 * 2016/10/18 22:47 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/728-cdbb4ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |