ごめんなさい
2017 / 01 / 26 ( Thu )
お伝えしたくないけど、やはりお伝えしなければならないでしょう。

チャーリーは脚の手術後DICを併発し、腎不全で、今日午後1時半に息を引き取りました。

みなさまから幸せを期待されていたのに、チャーリーにみなさまに、ごめんなさいという言葉しかみつかりません。
また改めてお伝えさせてください。
スポンサーサイト
22 : 22 : 04 | チャーリーくん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<チャーリーの病状と治療の経緯 | ホーム | カエルさんへのプレゼント >>
コメント
--チャーリー君 安らかに--

悲しいし 残念です。 近くにいた方は言い表せないくらいと思います。
どんな良い治療をしても、その時は 神により決められているのでしょう。全てに時が有るのですから(涙)
今は ママ様やムックママ様の お心 安らかにと祈るばかりです。チャーリー君は 神様の御用に旅立ったと思います。ムックママ様によろしく、チャーリー君は短くとも、心から愛され 幸せだったとお伝えください。
by: 梅子ママ * 2017/01/27 18:28 * URL [ 編集 ] | page top
--梅子ママさん--

私はその時、ただ茫然としていました。
実は同じDICで亡くなったマリを預かっていたのは私でした。
朝散歩して、病院に送って、元気に帰ってくるはずだったのに、こんなことってあるのかと。

今、一番つらいのはむっくママさん。
その次が代表だと思います。
手術を選択したことが間違っていたのではと・・・。
私はこんな時は、保健所から出してあげられてよかった。一時でも里親さんと一緒に暮らせてよかった。と思うことで気持ちの折り合いをつけることにしています。本当のお家を探している途中で息を引き取る子だっているのですもの。

6年間キリスト教教育を受けた者ですから、梅子ママさんのおっしゃることは心に響きました。
むっくママさんも代表も、梅子ママさんのお言葉で少しは救われたはずです。
ありがとうございました。
by: ボビンの母 * 2017/01/27 22:48 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/763-b4018d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |