モコがきっかけで考えました
2017 / 04 / 18 ( Tue )




まず、モコの変貌ぶりをご覧ください
4月16日のブログ写真。ハムスター?いえ、カピバラです
激ヤセで痛々しかったから、洋服は必須アイテムでした
鼻の毛も生えて、仔犬のような可愛さがあります
今のモコ。毛量が多いので、手入れを怠るとトンデモない状態になるから、マルガリータになったのも頷けます

モコは昨年の4月9日に九州の廃業犬舎からレスキューされ、福岡のみみ蔵さんのお宅でショートステイ中でした
直後に同じ犬舎からレスキューされたりぼんは、熊本のお宅でショートステイ中でした

そこに起きたのが14日の熊本地震です。
一刻も早く引き取る決断をした代表のおかげで、りぼんと一緒にモコも、15日の最終便で飛んできました
さらに大きな揺れがあったのは、日付が変わった16日の未明です。
到着が夜遅かったから、モコは代表宅に一泊し、翌朝ボビン母が迎えに行った次第です

こちらに来たのが絶妙のタイミングでしたが、今考えると、廃業犬舎からのレスキューが地震の前で本当によかったと、改めて思いました。

地震で混乱した廃業犬舎では、お世話するどころか、一斉に逃げ出すことも考えられます
当然ですが繁殖所の犬は、去勢避妊はしていません。ということは、野犬となって保健所に収容される仔犬を増やすことになったかもしれないのです。

家庭犬(猫)は平常時には管理できていても、人の日常生活が保たれない事態になって、逃げ出して迷子犬(猫)となった時のことを考えると、やはり不幸な犬を増やさないために、不妊手術は必要でしょう。
そのために、保護団体では譲渡する場合、例外はあるものの、不妊手術は必須条件にしています。

ところが、有名な団体がこの約束を守っていません。たくさんの命は救われているものの、実情を知らないマスコミが好意的にとりあげている団体なだけに、保護団体が質問状を出し、シェルティレスキューを含む多くの団体や個人が、その意見に賛同しています。

ピースワンコ問題
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj
ピースワンコ回答
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/answer

お時間のある時にじっくり読んでいただき、一緒に考えていただければ・・と、モコのことをきっかけにお伝えさせていただきました

スポンサーサイト
13 : 58 : 10 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<むっくママの再出発 | ホーム | おうちショップにお邪魔しました >>
コメント
----

母さま、こんにちは。
ワンデーから、もうすぐ一週間です。
時のたつのが速すぎてついていけません。
ワンデーの記事を掲載頂き、ありがとうございました。
母さまはじめ、皆様に助けて頂いての
ワンデーです。
三回目も宜しくお願い致します。

モコチ・・・・・。
正直、同じワンコとはおもえませんっ!
誰が、今のモコチを想像したでしょうか・・・。
もっこもこのふっさふさのモコチ・・・、
いえ「もこさま」。今は、慈悲深い「女王さま」のような、モコちゃんですね。
苦労された女王さまは、民の心もお解りになる・・・・・。
モコちゃんが、女王さまなら、ロンくんは・・・・・。スイッチをもった「王?」。
by: テク * 2017/04/22 11:27 * URL [ 編集 ] | page top
--テクさん--

ワンデーでは楽しい時間をありがとうございました。その上、いつもごちそうになって恐縮です<m(__)m>
おかげで山越えの道もすっかり馴染みになりましたので、また機会がありましたら、よろしくお願いします。

金曜にモコロンを狂犬病予防注射とフィラリア検査に病院に行って、モコは看護師さんから全く同じことを言われました。
「初めて来たとき、こんなになるとは思わなかった!」って。
王がおバカスイッチを持っていたら怖いですね。ロンの持ってるスイッチは核のスイッチじゃないから平和ですが・・。
by: ボビンの母 * 2017/04/23 16:42 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/790-3baff034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |