むっくママの再出発
2017 / 04 / 22 ( Sat )



「昨晩、新しいわんこが来た」という知らせをむっくママからもらい、今日会いに行ってきました

名前はスカイ。ママさんが命名しました。廃業した繁殖所出身の、2歳半の男の子です。

ご存知のように、ママさんは昨年10月に5年一緒に暮らしたむっくを看取り、むっくとの約束だから・・と、1月にチャーリーを迎えました。
でも、チャーリーは脚の手術の直後、むっくくんのもとに旅立ってしまいました。ママのお家で一緒にいられたのは、わずか2週間でした。

ママの気持ちがなかなか整理がつかなかったのは当然です。
少し時間が経ってから、気を紛らわすために、ネットで、ブリーダーや保護団体のホームページ、「いつ里」「ペットのおうち」を眺めて過ごしていたそうです。

ようやく次の子を迎える気持ちになったのは、今いるさくらちゃんとすみれちゃんがどちらも10歳を過ぎているから、もし二人が時をほぼ同じくして旅立った時のことを考えたからだそうです。

それで、今度は長く一緒に居られそうな子をもらう決心をしました。できればスピッツかシェルティで、大きくない男の子。
現在シェルレスにはママの希望に添う子はいませんでした。
だから、スカイは他の団体が預かっていたわんこです。どこの団体が預かろうとも、わんこには責任のないことです。

でもボビン母は、代表に一応むっくママの意向をお伝えしたところ、「むっくママには苦労ばかりかけさせられません。繁殖所の犬は悲惨だから、早く出してあげてください」というお返事をもらっていました。

スカイの繁殖所は頭数が多過ぎて一度には出せず、里親希望のあった子から団体さんが連れ出していたので、その時はまだ、スカイは繁殖所の中だったのです。

今日会ったスカイは、いかにも繁殖所出身らしいビビリだったけど、若いからすぐに普通の生活に慣れるでしょう。
ママさんがスカイを迎えたことで、スカイが幸せになるのはもちろん、スカイがママを幸せにしてくれるはずです。
むっくママの再出発に拍手してくださいね
スポンサーサイト
23 : 38 : 11 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<ロンロン11歳 | ホーム | モコがきっかけで考えました>>
コメント
--ご心配おかけしました。--

この度、ボビンママさまとシェルレスの代表のお口添えを頂き、新しい子を迎えさせて頂きました。
むっくとチャーリーを相次いで送り、精神的に辛く涙しない日はありませんでしたが、さくらとすみれの顔を見ていると元気になりたいと思うようになりました。
私が亡くした子を思い悲しんでいる時に、今もなお辛い状況にいる子はたくさん居ました。

チャーリーにしてあげたかった事を、スカイとし一緒にしていきます。
お空の子といつも一緒にいるという思いを込めて、スカイと名付けました。

皆様方には、たくさんのご心配と応援を頂きまして、本当に有り難うございました。
これからも、私たちを宜しくお願いします。
        むっくファミリー
by: むっくママ * 2017/04/24 20:22 * URL [ 編集 ] | page top
--むっくママさん--

お見合いに行く前と後では、ママの表情が全然が違いましたよ。
お口添えなんかしていません。ママが自分で動いたけど、ちょっと立ち止まった時に、後ろからチョンと突いただけです(笑)

スカイはママが救ってあげたお礼に、ママのことをきっと幸せな気分にしてくれる!

むっくファミリーって、素敵な名前です。
by: ボビンの母 * 2017/04/24 22:59 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bobin345.blog.fc2.com/tb.php/791-a3eb1e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |