雉を見た対岸散歩
2018 / 06 / 03 ( Sun )




昨日朝は、5時にロンに起こされた勢いで、土手の対岸に行くことにしました
今のモコロンだと、橋を渡ったら戻って来るまで、1時間半以上は覚悟だから、勢いがないと行かれません

下流の橋を渡ってからは、川から少し離れてまた土手に戻るのですが、そこにあるのは水田風景です。カエルの声が聞こえて、なんとものどか
聞き慣れない、けたたましい鳥の鳴き声が聞こえたので、姿を探したら・・なんと雉でした
遠くからだけど、赤が鮮やかに見えたから、オスかしら
たいして川幅は広くないのに、川を挟んで全然環境が違うんですよ

こちら側だと桜並木なので木陰を歩くのですが、対岸はほとんど木がありません。だからず~と日に当たりながら歩いています

すれ違う人もほとんどいないので、途中モコをカートから降ろしたら、趣味の匂い嗅ぎで、なかなか先に進みません
ちょっとグロくなるから写真は撮らなかっけど、仰向けで潰された、6㌢程のミシシッピーアカミミガメ(ひっくり返して確認)を見つけました。子供の頃、お祭りの縁日で売っていたミドリガメと同じだと知ったのは、割に新しい話です

そんな感じでタラタラ歩き、やっと上流寄りの橋の近くまで辿り着きました
朝とは言え、日を浴びていたし、年齢のせいか、病気のせいか、以前より疲れた様子のロン。モコは楽してたけど、ロンはよく頑張りました

それで、ここから先は、ボビン母が頑張ることにして、合わせて25kg超えのモコロンを乗せて、橋からボビン家まで約1kmの道のり、途中急坂を上って帰りました
お腹すきました~
21 : 25 : 12 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
モコ快方に向かってます
2018 / 05 / 26 ( Sat )


モコの関節炎改善の注射、4回目の日です。いつものように、夕方の散歩を兼ねて、アポロ動物病院に行きました

跛行は治らないものの、3~4日前からモコの動きが速くなり、心なしか活発になったように思っていました

診察室に入って「注射の効果が出てきたように思えます」とボビン母は院長に報告しました
院長はモコの足を曲げ伸ばししながら、「確かに関節の腫れがひいてますね。」

以下、院長(D)とボビン母(B)のやり取りです。後ろに(笑)をつけて読んでみてください
D 「効いてよかった。ちょっといかがわしい感じがする薬ですけれど」
B「先生、そんないかがわしい薬を紹介したのですか?」
D「だって、本当かなぁ?って思いますよ。例えば抗生剤だったら、こうだからどう・・とか、理屈で納得できるんですけど・・」
B「差し支えなければ、この注射の説明書をいただけますか?周りの子は高齢の子が多いから、参考になると良いと思って」
と、話しながら、モコは4回目の注射完了しました
そしてボビン母は、いかがわしい(笑)薬の説明書のコピーをもらってきました

薬の名前はカルトロフェン・ベット注射液です。
関節炎でお悩みのあなた、興味がおありでしたら、ボビン母までお問い合わせください。ただし、人間用ではないので、悪しからず
その説明書には、犬骨関節炎症状改善剤となっています

加齢によるものだから根治は難しく、最終的には鎮痛剤に頼るしかないと思っていました。ちょっと希望がでてきたから、帰り道の気分は晴れやかでした

00 : 40 : 06 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ロン様への郵便物とダブル通院
2018 / 05 / 19 ( Sat )



一日遅れましたが、昨日の出来事です

〇〇テクさんから△△ロン様宛の郵便物がポストに入っていました
先日は郵便局から問い合わせがありましたが、今回は電話がなかったから、△△ロンの存在は認識されたようです

先日ブログで、ロンの室内トイレの躾の悩みを相談したら、トイレの学習スプレーを送ってきてくださいました
そういえば、こういう物もありましたね
ロビンが仔犬の時に使ったのを思い出しました。でも室内トイレを覚える前に、気づいたら散歩でする完全外派になっていました
テクさん、いつもいろいろとありがとうございます
早速試してみることにします

モコはボビン家に来てすぐは、和室の畳がお好みでした。最近は極たま~に、台所でこっそり大きい方(立派な奴)をすることがあるから、モコが先に覚えると思います。
上手くできたら、モコを大袈裟に誉めてあげましょう
そうしたらロンも・・って思ってくれるとよいのですが、奴は手強いからなぁ

昨日はロンが所沢のセンターに行く日でした。
早めに着いて、近くの公園で時間調整するのはいつものことですが、あまりの暑さに東屋で水分補給しました
画像検査は次回になったので確定ではありませんが、良くないです
一応覚悟はしつつも、分子標的薬は続けます
相変わらず自分でご飯を食べないのですが、フォアグラみたいに口に押し込んで食べさせているから、体重はキープしています

夕方には、モコの関節炎改善の注射をしに、近所のかかりつけ病院へ行きました
モコは3回目の注射ですが、まだ安静中。ご飯の催促の時は、痛いはずの後ろ脚でジャンプしていますけど

ロンもモコも表情が明るいでしょ?それなりに元気だから、安心してくださいね
22 : 19 : 26 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
それからのモコロン
2018 / 05 / 14 ( Mon )


ロンもモコも、多少の波はあるものの、悪くはならないけど、回復することもなく過ごしています

ロンの分子標的薬開始は、自分でご飯を食べるようになってからがよいとのことでしばらく待っていました。でも一向にその気配がないので、短気なボビン母は待ちきれず、先週木曜から投薬を開始しました
強制的に食べさせているのがよかったのか、体重もやや増加しました

モコは金曜に、関節改善の2回目の注射をしました
即効性がないので、歩く時は痛そうに後ろ右足が浮き気味です
鎮痛剤を使うと痛みが和らぐのは承知していますが、腎臓への副作用が大きいから、かわいそうだけれど、モコチにはもう少し頑張ってもらいましょう
でも、食欲旺盛っぷりは相変わらずです。ボビン母がご飯の用意している横で、鼻を鳴らしながらワンワン吠えるだけでなく、ピョンピョン跳ねてます。食欲が痛みに勝るあたりが、食いしん坊大好きなボビン母にとっては救いです

昨日夕方には雨になって、満足な散歩ができませんでした
その分、今日は土手まで足を延ばし、帰り道には、しばらくご無沙汰していた、ランディママのお友達のお家にピンポンして、ご挨拶してきました

日中暑かった分、夕方の風が気持ち良かったから、また途中の公園で一休み。モコはカートで散歩の時はこんな感じで、時々降りて少し歩いて、また乗って・・の繰り返しです。

「病気なんですか?」「お年なの?」とか声をかけられるのだけど、モコの方がロンより1か月半若いし、「病気なのはこっちの子の方です」って言うとビックリされます
だって、ロンの方が毛艶もよく元気だから。
ご飯を食べないことなんて、見た目じゃわかりません

23 : 02 : 11 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近頃のモコロンのトイレ事情
2018 / 05 / 09 ( Wed )




連休が終わった途端、翌日から曇ったり雨だったりで、お散歩には苦労しています

モコロンの体調はあれから変わらずです
モコは近くで用をすませると、家の前の公園を一回りして戻ります。朝か夕方のどちらかは、なるべくカートに乗せて、ロンと一緒に散歩するようにしていますが、今週は雨の時間を避けて、止むのを待っての散歩だから、なかなか難しい。雨がひどい時は、モコロン別々に行くようにしました。

昨日は夕方早めに出発したし、今朝は遅らせてロンも短縮コースですませました。
今日の夕方は、やっと普通の時間に出て、モコロン一緒に周りましたが、梅雨の散歩を考えると、今からちょっと憂鬱なボビン母です

ロンを室内でできるようにと、しばらく試みたことはあります。切羽詰まった状態でトイレ用のサークルに入れたのですが、ダメでした
モコならなんとかできそうですが、ボビン家に来た時から外派のロン。ロンを見習って、外に行くまでは我慢するようになったモコ。

どなたか、外でする習慣の子を、室内でもできるようにする方法をご存知でしたら、是非とも教えてください

今日のおまけの写真は、こどもの日に来たカエルさん
こどもの日だから、五目寿司をの形にして、鮪の刺身をウロコのように並べました
アイデアは良かった(自画自賛)けど、刺身が光って結構グロいものになっちゃいました
22 : 56 : 12 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>