ようこそスカイくん
2017 / 04 / 27 ( Thu )




今日の夕方、むっくママがスカイを連れて、ボビン家に来てくれました
最初の写真がボケボケでごめんなさい

玄関で無事にご挨拶をすませると、スカイはスタスタとリビングに入ってきました
ボビン母が駐車場まで迎えに行った時には、固まって全く動かなかったのに、室内では別犬です。繁殖所出身の子にはありがちだから、特別驚いたりしませんけどね

スカイとモコは匂いを嗅ぎあっていましたが、しばらくするとスカイは部屋の中をクルクル回ってはシッコ、回ってはシッコの繰り返し。スカイは2歳半と聞いていますが、やることはパピーです

その間にモコにチョッカイを出し、モコもそれに応じていたけれど、そこはモコばあちゃん。疲れたらしく、お尻を向けて休憩モードに入りました。それでもめげずに、モコに近づくスカイ。
モコが歯を剥いて警告をしているのに、KYのスカイはそれを繰り返したため、ついにモコの怒りが爆発、勢いよく立ち上がり、スカイくんに向かって「ワン

モコが来て1年ですが、怒ったのをボビン母が見たのは3回だけです。
眠っているすぐ横をロンが通った時が2回。ドッグランで大きい犬にしつこくされた時が1回。
スカイくんには5回程怒っていたから、たった1時間で1年分怒ったモコチでした

むっくママは4月26日すでに正式譲渡手続きを済ませています。
チャーリーの3回目の月命日、すみれちゃんのお誕生日を意識して、この日にしたそうです

シェルレス卒業生ではないけれど、むっくママの子ですから、「スカイくん、シェルティ仲間へようこそ

PS ロンは最初にご挨拶はしましたが、スカイくんから離れた場所にいて、観察を続けていました。ロンの写真がないのは。そういう理由です


* 追記
  4月26日「秋ヶ瀬公園で夕散歩」のモコロンがノーリドではないのか?というご指摘がありました。
  クリックしてご覧いただければ、ノーリドでないことはおわかりいただけると思いますが、誤解を招く写真であることは確かですので、記事をそのまま削除いたしました。
  今後充分注意いたします。
  ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

22 : 58 : 15 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
むっくママの再出発
2017 / 04 / 22 ( Sat )



「昨晩、新しいわんこが来た」という知らせをむっくママからもらい、今日会いに行ってきました

名前はスカイ。ママさんが命名しました。廃業した繁殖所出身の、2歳半の男の子です。

ご存知のように、ママさんは昨年10月に5年一緒に暮らしたむっくを看取り、むっくとの約束だから・・と、1月にチャーリーを迎えました。
でも、チャーリーは脚の手術の直後、むっくくんのもとに旅立ってしまいました。ママのお家で一緒にいられたのは、わずか2週間でした。

ママの気持ちがなかなか整理がつかなかったのは当然です。
少し時間が経ってから、気を紛らわすために、ネットで、ブリーダーや保護団体のホームページ、「いつ里」「ペットのおうち」を眺めて過ごしていたそうです。

ようやく次の子を迎える気持ちになったのは、今いるさくらちゃんとすみれちゃんがどちらも10歳を過ぎているから、もし二人が時をほぼ同じくして旅立った時のことを考えたからだそうです。

それで、今度は長く一緒に居られそうな子をもらう決心をしました。できればスピッツかシェルティで、大きくない男の子。
現在シェルレスにはママの希望に添う子はいませんでした。
だから、スカイは他の団体が預かっていたわんこです。どこの団体が預かろうとも、わんこには責任のないことです。

でもボビン母は、代表に一応むっくママの意向をお伝えしたところ、「むっくママには苦労ばかりかけさせられません。繁殖所の犬は悲惨だから、早く出してあげてください」というお返事をもらっていました。

スカイの繁殖所は頭数が多過ぎて一度には出せず、里親希望のあった子から団体さんが連れ出していたので、その時はまだ、スカイは繁殖所の中だったのです。

今日会ったスカイは、いかにも繁殖所出身らしいビビリだったけど、若いからすぐに普通の生活に慣れるでしょう。
ママさんがスカイを迎えたことで、スカイが幸せになるのはもちろん、スカイがママを幸せにしてくれるはずです。
むっくママの再出発に拍手してくださいね
23 : 38 : 11 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
珍しいカラー
2017 / 01 / 18 ( Wed )



今日、航空公園で初めて会ったお友達です。
お名前は、ちびたくん。3月で2歳。名前はちびたでも、15㌔だからチビではなく、むしろ大きめのシェルティです

遠くからの後ろ姿は、シェルティだと思いませんでした。
若いママさんが、モコロンを見て「シェルティだ」って言うのを聞いて、近くに寄っていったら、そのわんこは紛れも無くシェルティ

お顔はトライだけど、首から下は真っ白です。
興味津々で、ちびたくんの両親のことを尋ねたら、予想通り、トライ×ブルーマールでした。
それにしても、真っ白なわんこがお面を被ってるみたい
歳は違っても、モコロンと同じで、わんことは遊べないし、ちょっとビビりのようでした。

長くじっとしていたら、やっぱり足元から冷えてくるので、みんな退散です
また会えるかな

モコロンが航空公園に行く時は、ドックカフェが一番のお楽しみのようで、モコもカフェまでの道順を覚えてしまいました
00 : 01 : 09 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ワンデーおうちショップにお邪魔しました
2017 / 01 / 03 ( Tue )





bebe teku 「ワンデーおうちショップ わんこだけに・・」にお邪魔しました
今日一日だけ、テクさんのお家で手作りの小物を販売し、その売り上げの6割を保護団体に寄付するという趣旨です。
いただいたチラシです、クリックしてご覧ください

お店のお客様には、ベベキャンちゃんのおばあちゃまのお友達もいらして、テクさんの作った大きなバッグをお買い上げでした

お買い物もですが、今日のもう一つのお楽しみが、続く写真です
ベベちゃんキャンちゃんは当然ですが、ミーちゃんブーちゃん、香ちゃん颯太くんルゥちゃんにモコロン
デッキでワラワラさせていただきました
おやつには群がっても喧嘩することもなく、他のお客様からは「みんなおとなしいわね~」って褒められました

個人で保護活動されているしじみ母さまは、わんこなしでいらしっしゃいました
以前に、亡くなったレオンくんのママさんは、テクさんを通じてフード類をたくさん寄付してくださったのですが、今回さくらちゃんのママさんとなっていらっしゃいました。お礼を直接言うことができてよかった

レオミクママさん、ポッチママさんはテクさんのお手伝いで、売り子さんとお食事係で大活躍でした
おいしいカレーライスをごちそうになったんですよ

最後の写真は、今日のおうちショップで購入できた品です。大きなトートバッグと、シェルティ刺繍されたひざかけとポーチ
左のシェルティはおまけ。ミーちゃんとブーちゃんのママさんから、例のリアルぬいぐるみをいただきました

新年早々お忙しい思いをされたテクさんとパパさん、おかげで素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました

今年も春から縁起がいいわいなぁ~
22 : 06 : 10 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
エルさんからメロディさんへ
2016 / 12 / 02 ( Fri )

昨日、ボビン母のもとに届いた切り絵。送り主はエルさんです。
メロディさんの里親さまに渡して欲しいと、お手紙に書かれていました
確かに、細面で、優しいけどちょっと寂しげな目元・・メロディさんに良く似ています。写真をクリックしてご覧ください

少し前、エルさんとのメールのやり取りで、最近切り絵を始めたとのことでしたから「先生は、あの高校生ですか?」とお尋ねしたら、答えはYesでした

エルさんは毎年夏に、不登校のお子さんが通う適応教室の生徒、卒業生、保護者と一緒に、詩画展を開いています

以前エルさんのブログで、ずば抜けて素敵な切り絵を見つけました。その作者は、中学時代は人と目を合わせることができなかったのに、今では誰とでも話せる、笑顔が素敵な女の子になって、デザインの専門学校に進学が決まったそうです。
「好きなことがあると、人は自信を取り戻せるのだな」ってエルさんはその子を見ているとそう思うって。

その詩画展は、子供たちの絵とエルさんの文のコラボで、名前は、F-me=エフミ。
適応教室の名前が「みらい」。みらいと私=future & me。だからエフミ
「F-me~心の音を届けます」で作品をご覧ください

「まだまだ見せられるような作品ではないのでお恥ずかしいですが、もう少し腕が上がったら再チャレンジします!とお伝えください。ただシェルティって切り絵にするには難しい題材だなぁ~と思っています」byエルさん。
いえ、エルさんのお気持ちはメロディさんの里親さまに、必ず伝わりますとも

ロンの前の子ディランを、保健所から引き出してくださったのがエルさんです。ボビン母がお会いしたのは一度だけ。
メロディさんの里親さまとは、もちろん、直接の繋がりはありません。これも、わんこの繋ぐご縁ですね

エルさんの切り絵と真心、明日にはメロディさんに届くはずです
21 : 37 : 08 | おともだち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>