涌き水公園は春爛漫
2017 / 04 / 05 ( Wed )





先週末から気候はさておき、桜の花が見頃になって、あちこちで宴が開かれているようです
モコロンの夕方の散歩コースの土手も、桜はほぼ満開になりました

でも今日紹介するのは涌き水公園。朝散歩コースです
よければ写真をクリックしてご覧ください

線路近くの斜面を上ってきたところが、1番目の写真。ユキヤナギで真っ白です
公園中ほどを左に上がったのが、2番目の写真。
左に逸れず、木道を正面に歩くと、レンギョウの黄色や濃淡の桃の花でカラフルです
4番目は、モコとハナニラ。ハナニラって言う名前のイメージはいま一つだから、ベツレヘムの星と呼んであげたいですね

朝よく会うゆいちゃんと、今日は木道で出会いました。まだ1歳です。
先代シェルのゆきちゃんとは、ボブがいた時にたまに会いましたが、犬見知りのゆきちゃんとは仲良しになれませんでした
ゆいちゃんは若いだけあってとても元気なのに、モコロンは一緒に遊べなくて、ごめんなさい

今年は桜の開花が遅いのですが、涌き水公園の花も、例年より開花が遅いようです。だって、「この公園は学校の春休みの時期が一番綺麗だから、新学期が始まる頃にはピーク過ぎている」って、一昨年まで交通指導員をしていた知人が言ってましたから

満開の桜の花もそれなりの風情があるけれど、それよりも、多くの種類の花が一斉に咲くのが見られる、この公園の春の景色が、ボビン母は好きです

23 : 36 : 13 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チェリーちゃんの検査結果
2017 / 04 / 03 ( Mon )


チェリーちゃんのお誕生日の3月3日のブログで、乳腺腫瘍の手術を行うことをお伝えしていました
手術は21日に無事終えたのですが、病理検査の結果を待ってから報告するつもりで、お待たせしてしまいました

チェリーちゃんの母さまからのメールをお伝えします
結果は、低悪性度の乳腺腫瘍だったそうです。悪性とはいえ、脈管内浸潤も見られず、完全に切除されているので、ひとまずは安心です
が、残っている乳腺にまたできる可能性は大きいと思うので、これからも気をつけてあげたいと思います

かなりの初期に見つけたから、悪性でも綺麗に取り切れたのでしょう。
いつものことながら、細かなチェックしてくれたからこそです
本当によかった

写真は、手術直後のチェリーちゃん
美人さんだから、エリカラも高貴な印象を与えるアクセサリーに見えなくもない・・
傷跡もきれいだそうです

そうそう、母さまがお留守の時は、お孫さんの綾瀬はるかちゃん(ボビン母はそう呼んでいます)がお散歩やフードのお世話をして、とても仲良しになったそうです
綾瀬はるかちゃんとチェリーちゃんの組み合わせ、絵になるなぁ~

おまけの写真は、先日散歩がてら行ったホームセンターでのモコロン
カートは久しぶりだけど、モコも満更ではない様子でした

チェリーちゃん、ロン、モコは、揃って2006年生まれ。
メンテナンスが必要な年齢だけど、みんなそれなりに元気で過ごしたいですね
21 : 17 : 11 | チェリー(チェリーちゃん) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
定期検査とご褒美
2017 / 03 / 31 ( Fri )




今日は3月31日、10週ぶりに所沢で検査です
週末、月末、年度末。10時の予約を入れた後から道路混雑を想像し、シマッタ!と思いましたが、とにかく早めに家を出ました
ところが、気抜けする程道が空いていて、いつもより早く着いちゃった

時間調整のため、すぐ近くの公園に行ったけど、今日は朝から激寒で、長くはいられず、一回りしてセンターに入りました。

朝預けて夕方お迎えがいつものパターンなのですが、ここでも予想外の空き具合で、お迎えが12時となりました

一旦帰宅したのですが、ドアを開けてもモコはうんともすんとも言わず、ただボビン母を見ただけ。いつもはロンと一緒にワンワン騒ぐのに・・

お留守番したモコと、朝ごはん抜きで検査を頑張ったロンにご褒美をあげようと、モコを車に乗せてまたすぐに出かけました
ボビン母の後ろがモコの指定席
なんだか情けない顔しているのは、ロンがいないからなのかしら
最近はロンに強気な態度をとることもあるけれど、やっぱり一人だと心細いのかも・・

ロンの検査結果を聞いてから、向かった先はいつものドッグカフェ
朝ごはん抜きのロンは、ご褒美のササミ入りミネストローネをいつもより早く平らげてご満悦
お店を出たら、あまりの寒さに公園散歩はあきらめて、帰ることにしました。小雨もパラいてきたし・・

肝心の検査結果は、前回同様異常なしでした
直腸癌の手術をしてから、もうすぐ2年になります。
ロンは去年より元気です。抗癌剤の副作用も比較的少なかったし、先生にお礼を言ったら、「私たちも、元気になった姿を見られるのはうれしいことです」とおっしゃってくださいました

次回から検査の間隔を少し広げて3か月毎にしますが、まだ通います
病は忘れた頃にやって来るかもしれないから、油断大敵です

22 : 25 : 08 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
病院は嫌いじゃないです
2017 / 03 / 28 ( Tue )



昨日、いつものように夕方散歩を兼ねて、モコロン揃って病院に行きました

先日摘出した腫瘍の病理検査結果は、皮脂腺腫。良性です
皮脂腺腫は転移性のない良性腫瘍といえ、たくさんできることがあるので、積極的に切除することが理想的のようです。

抜糸をして、歯を診てもらって、咳止め薬の効果の確認です
麻酔の為にレントゲンを撮って、喉の変形がないことは確認されていたから、炎症の原因で思い当たることが一つありました。

ロンって、おバカスイッチが入ると、おもいっきり体中の力を振り絞って吠えるんです。だから普段から喉を酷使しているんじゃないかしら?
「そうかもしれない。人間だと、カラオケのやり過ぎで、喉を痛めるのと同じかな。だったら治らないかもしれないね~」だって。わかりやすい例えです
一応、薬を止めて様子をみることにしました。

ロンの診察中、モコは自分もかまって欲しくて、先生に寄っていきます。
「何?モコ、自分もかまって欲しいの?ヤキモチやいてるんだ」by先生
「ブラッシングや歯磨きの時、邪魔されて大変なんですよ。ミュー程ではないけど・・」byボビン母

モコおのぞみ通り診察をお願いし、やはり咳の相談をしました。
昨年末にワンワンドックをやったし、心音も呼吸時の音も、ロンより綺麗だと言われました。でも回数は少ないけど、ロンより深い所からの咳だから、ボビン母として気になっています。そんな訳で、ロンからバトルタッチ状態で、今度はモコが咳止めの薬を、試しに2週間飲むことにしました

病院が大好きなモコ、診察室を出ようとしないばかりか、会計を待っているときに診察室のドアが開くと、行こうとするんですよ
次回はフィラリア検査と、狂犬病の予防注射に行く予定です

おまけの写真は、カエルさんとモコ
ボビン姉さんとカエルさんが今日帰って、いつもの静かな時間が戻りました
車で送って行ったのですが、本来は1時間ちょっとで着くのに、かかった時間は往復で5時間弱。滞在時間は、たったの1時間
環八恐るべし
21 : 34 : 05 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ロンロンと一緒よ
2017 / 03 / 23 ( Thu )


昨日届いた宅配便
開けてビックリ
シェルティの掛け時計、ワン友さんからのプレゼントです
写真ではわからないのが残念ですが、尻尾が振り子になっていて、チョロチョロ動いて可愛い

昨年のボビン家は、ロンの一応の快気祝い、モコをうちの子に迎え、内装工事の直後に、カエルさんの誕生と、めでたいことが続いたので、何か記念になる物を・・と考えて贈ってくださいました。
ありがたく、早速リビングの壁に飾らせていただきました
色がロンにそっくりでしょ?
ロンロンと一緒よ

明日から、ボビン姉さんがカエルさんを連れて、4泊の予定で帰ってきます
今月中に終わらせなくてはならない仕事があって、カエルさんのお世話をしながらだとできないのですって
ボビン母が苦手な育児を手伝う・・つまり、ボビン姉さんはその間、家事と育児を放棄するっていうわけです

ゴールデンレトリバーの事件があったから、うちのモコロンに限っては安心、とか考えたらいけないのかしら
とりあえず、ベビーシッターをモコに任せることだけは止めておきましょうか
23 : 25 : 08 | わんこ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>